新型コロナウィルスの影響でウェブ業界はどのように変化しているのか?福岡のSEO対策 | 情報

新型コロナウィルスの影響でウェブ業界はどのように変化しているのか?

新型コロナウィルスの影響でウェブ業界がどのように変化しているか?

大きな変更は在宅ワークならぬ、テレワークといった働き方改革が起きたことではないでしょうか?ZOOMやSkypeといったチャットツールの利用率は軒並み上昇していることがうかがえます。

ZOOMという検索キーワードが3月中旬以降一気に上昇していることがわかります。

また、ZOOMというキーワードに関連付けて「ZOOM 株価」や「ZOOM 飲み会」も一緒に検索されているので、この辺りが新型コロナウィルスでの働き方改革ではないでしょうか?

zoom

データマーケティングを専門とする米企業マークル株式会社のアレクシス・サンダーズ(Alexis Sanders)上級SEO顧問は、新型コロナウイルスが蔓延する状況下において次のように述べています。

  • 食料品店の大手クライアント:前年比+ 433%
  • 食料品店のバルククライアント:前年比+ 58%
  • 大型小売業者のクライアント:前年比+ 50.9%
  • オンラインメッセージングおよび生産性ツールクライアント:前年比+ 149%
  • ホテルのクライアント:前年比-43.3%
  • テーマパークのクライアント:前年比-55%
  • チェーンレストランクライアント:前年比-29%

米企業マークル株式会社のアレクシス・サンダーズ(Alexis Sanders)上級SEO顧問が解説したように、日本でも「ホテル」や「テーマパーク」関連の検索数は軒並み減少していることが分かります。

検索キーワード「ホテル」

ホテル

検索キーワード「ディズニーランド」

ディズニーランド

「ホテル」への関心は37%減少「ディズニーランド」への関心は21%程減少した結果となっています。

今後検索されるキーワード(現在増加しているキーワード)は「通販」や「オンライン」が主となることは間違いなさそうです。

検索キーワード「通販」

検索キーワード「通販」

検索キーワード「オンライン」

検索キーワード「オンライン」

どちらも上昇傾向にあるので、今後も検索されることが予想されます。

また、これらをもとに実店舗では、テイクアウトやデリバリー、オンラインショッピングのサービスを始める店舗が増えているので、今後の対策としてショッピングサイトの構築や各種オンライン上でのやり取りができる仕組みを考えて、行動しておいた方が良いとされます。

以上新型コロナウィルスに関する、今後の対策や現在の傾向について調査してみました。

引用元:https://searchengineland.com

SEO対策・Web集客・Webサイト制作
のことならお任せください

メールでのお問い合わせ

無料相談を申し込む