経済産業省認定 Smart SME Supporter 第22号-22040006
tel.050-3558-5864 営業時間/8:00~20:00  定休日/日曜日

SEOではリライトの実施も大切!必要性やポイントを解説しますお知らせ

SEOではリライトの実施も大切!必要性やポイントを解説します

SEO施策の方法として、コンテンツ制作を最初に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。検索エンジンによる高評価を得るためには、ユーザーにとって有益なコンテンツを質・量ともに高いレベルにする必要があります。

そのためSEO施策においてコンテンツ制作が特に重要なのは事実です。

しかしコンテンツの数が増え、サイト運営歴がある程度長くなったら、コンテンツのリライトも必要になります。リライトはサイトの評価を維持・向上するうえで大切な作業のひとつです。

本記事ではSEOにおけるリライトの重要性について解説します。

SEOで重要なリライトとは?

はじめにSEOで重要となるリライトについて、概要や必要な理由を紹介します。

コンテンツを書き直す・修正する行為

SEOにおけるリライトとは、すでに公開されたコンテンツの書き直しや修正好意を意味する用語です。もともと「書き直し」という意味や、書き直す行為を指す言葉として用いられています。

リライトの実施範囲はケースによってさまざまです。特定の見出しのみ追加もしくは削除してほかの文章はそのままにする方法から、コンテンツ全体を大きく修正する方法もあります。

なおリライトを実施したといえるのは、内容の修正・変更を実施した場合です。言い回しや語尾など表現を変更するのはコンテンツの改善といえる行為であり、SEOにおけるリライトには該当しません。

ユーザーに与える情報や、検索エンジンの評価に違いが生じるような変化を起こすのが、リライトという行為です。

SEOのためにリライトが必要な理由

SEOにおいてリライト行為が必要な理由として、大きく2つの理由があげられます。

ひとつは検索エンジンからの高評価を得るには、常に最新情報を扱う必要があるためです。過去に作成・公開したコンテンツは、情報が古いケースが珍しくありません。ユーザーにとって有益性が低いだけでなく、現在では誤りである情報を伝えてしまうリスクもあります。

そのため情報が古いと、検索エンジンからの評価が下がる恐れが大きいです。効果的なSEO施策のためには、必要に応じて記事の内容を修正し、常に最新情報を掲載する必要があります。

検索順位や記事の効果を改善させるためにも、リライトの実施が必要です。検索順位が低いコンテンツをそのまま放置しても、高い効果が得られる可能性はあまり期待できません。

アクセス数が多くてもコンバージョン率が低ければ、やはりコンテンツを通して得られる効果は小さくなってしまいます。せっかく制作したコンテンツを無駄にしないためにも、効果が出ていない場合はリライトによる改善が必要です。

リライト対象の選び方とは?SEOの観点から解説

SEOにおいてリライトは重要な作業ですが、すべてのコンテンツにリライトが必要なわけではありません。リライトによる効果が大きいコンテンツを選ぶ必要があります。

リライト対象を選ぶうえでおさえたいポイントは以下の3点です。

• 内容の古さ
• 検索順位
• コンバージョン率

ポイントについてそれぞれ詳しく解説します。

内容の古さ

はじめにチェックしたいポイントは内容の古さです。

前述したように、扱っている情報が古いコンテンツは、ユーザーにとっての有益性が低いです。ユーザーが古い情報だと判断できればともかく、現在の正しい情報だと受け取ってしまうと、誤った情報を与えたことになってしまいます。

検索エンジンはユーザーにとって有益で正確な情報を扱うコンテンツを高く評価します。そのため古い情報を扱ったコンテンツは、検索エンジンからの評価が下がる恐れが大きいです。

古い情報を扱っているコンテンツがあれば、すぐに内容を最新のものに修正する必要があります。

検索順位

続いてチェックしたいポイントが検索順位です。

検索順位が低いコンテンツは、検索エンジンからのアクセス数が伸びません。コンテンツ作成・公開は、検索エンジンからのアクセスを増やすことが大きな目的のひとつです。すなわち検索順位が低いと、コンテンツを通した目的を果たせていないといえます。

現時点で検索順位が低いコンテンツを放置して、今後急に順位が上がる可能性は高くありません。アクセス数を得られるようなコンテンツにするためには、コンテンツの検索順位を上げる必要があります。そして検索順位を上げるうえで欠かせない作業が、コンテンツ内容の修正・改善です。

なお単純に検索順位が低いものからリライトするべきとは限りません。自社にとって優先順位が高いテーマかつ、検索順位が思わしくないコンテンツからリライトを実施するのが効率的です。

コンバージョン率

検索順位が高いにもかかわらず、コンバージョン率が低いコンテンツがあれば、リライトを実施するのがおすすめです。

コンテンツはあくまでも、企業の目的を達成するための手段です。コンテンツから問い合わせや会員登録、ECサイトなどへの導線を設定し、ユーザーによるアクションを促します。もちろんコンテンツを見てもらうだけでも知名度アップや好印象などを得られますが、より直接的に売り上げなどの成果を獲得するのが理想です。

コンテンツの検索順位が高ければ、アクセス数もそれなりの多さが期待できます。しかしコンバージョン率が低ければ、企業の目的につながる良い影響はあまり得られません。したがってコンバージョン率をアップできるようなリライトの実施が求められます。

SEO効果を高めるリライトの方法

それでは具体的に、SEO効果を高めるリライトの方法の解説です。リライトは大きく4つのステップによって実施します。

1. リライト対象となるコンテンツを選ぶ
2. 課題や修正点を洗い出す
3. リライトを実施
4. 効果測定

それぞれのステップについて詳しく解説します。

リライト対象となるコンテンツを選ぶ

最初にリライト対象となるコンテンツ選びが必要です。やみくもにリライトを実施するのは非効率的であり、労力と成果がつりあわない恐れがあります。リライトによる効果を最大限に発揮するためには、リライトの必要性が高いコンテンツを絞り込むことが大切です。

リライト対象の選び方は前述したとおりです。扱っている情報の古さ・現時点における検索順位・検索順位とコンバージョン率のバランスなどを考慮し、優先してリライトするべきコンテンツを選びます。

課題や修正点を洗い出す

続いてコンテンツの課題や修正点の洗い出しを行います。

リライトが必要なコンテンツには、リライトを必要とする理由が存在します。検索順位が伸びないのは質が不足しているから、コンバージョン率が低いのはコンテンツ内容と導線が上手く結びついていないからなど、理由はさまざまです。そんな理由を把握せずにリライトを実施しても、修正するべきポイントを適切に改善できる可能性は高くありません。

リライトによる効果を確実に得るためには、コンテンツに存在する問題をおさえ、それをつぶすことを第一にする必要があります。

コンテンツの課題や修正点を見つけるのは容易ではありません。コンテンツを読み返しつつ、分析ツールやヒートマップなどのツールを活用して、リライトで修正するべき点を推測していきます。

リライトを実施

いよいよリライトの実施です。前のステップで洗い出した課題などの修正を優先しつつ、既存コンテンツをより良いものに仕上げていきます。

SEO効果を高めるポイント自体は、新規にコンテンツを作成するときと同様です。ユーザーに有益な情報を扱い、検索意図を満たせるようなコンテンツ内容にします。

リライトは既存コンテンツありきの作業ですが、新規にコンテンツを制作するような気持ちで実施するのが大切です。

効果測定

リライトしたコンテンツの公開からしばらく経ったら、効果測定を実施します。検索順位やコンバージョン率などの変化をチェックし、リライトによる効果が得られたかを検証します。

SEOは結果が出るまでに時間がかかる施策です。そのためリライトを実施しても、すぐに大きな変化は出ない可能性が高いです。定期的な効果検証をしつつ、すぐに結果が出なくてもあせらないように意識する必要があります。

まとめ

SEOはコンテンツありきの施策ですが、コンテンツの数を増やすだけでは十分とはいえません。SEO効果を高めるには、新規コンテンツの制作だけでなく、既存コンテンツのリライトも大切です。

常に最新情報を扱う、検索順位やコンバージョン率が低いコンテンツを改善するといった作業が、良い効果につながります。公開しているコンテンツがある程度の数に達したら、リライトの実施も視野に入れるのがおすすめです。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心に全国企業のホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページの制作するだけではなく、ホームページ制作後のSEO対策・集客・運用に力を入れています。更には、表示速度やレスポンシブ対応・ユーザビリティの向上など常にユーザー目線のUI/UXを考え、Webを通して成果や効果を実感・体感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談

;