経済産業省認定 Smart SME Supporter 第22号-22040006
tel.050-3558-5864 営業時間/8:00~20:00  定休日/日曜日

SEOとMEOの違いとは?それぞれの意味や必要性、進め方を解説します。お知らせ

SEOとMEOの違いとは?それぞれの意味や必要性、進め方を解説します。

SEOとMEOは似たイメージがありますが、まったく異なる性質を持つ用語です。

どちらかというとSEOのほうが高い知名度を持つため、MEOは知らない方も多いかもしれません。しかし両方ともWebを使った集客における大切な概念のため、それぞれの意味を正しくおさえ、適切な進め方をする必要があります。

本記事ではSEOとMEOについて、両者の違いや施策の必要性などを解説します。

SEOとMEO それぞれの意味

SEOとMEOはそれぞれ以下のような意味を有します

  •  SEO:検索エンジン最適化 Search Engine Optimizationの略
  • MEO:マップエンジン最適化 Map Engine Optimizationの略

SEOとMEOは、どちらも検索結果における表示を最適化させるための施策です。しかしSEOはキーワードを入力したときの検索結果、MEOは検索結果に表示されるマップが対象となります。

SEOとMEOそれぞれの意味について、より詳しく解説します。

SEOとは

SEOはユーザーがあるキーワードで検索したときに、自社サイトやコンテンツを上位表示させることを目的とした施策です。

ユーザーはキーワードに関する何らかのニーズを解消させるために検索し、結果として表示されたページに訪問します。その際ユーザーは、上位に表示されているページを見る傾向が強いです。また検索結果の2ページ目以降は見ないというケースも珍しくありません。

検索結果での上位表示が維持できれば、継続的かつ安定的な流入が見込めます。したがってWebサイトやコンテンツのアクセス数を増やしたいと考えたとき、SEO施策を検討・実施するケースが多いです。

MEOとは

MEOとは検索結果に表示されるマップにおいて、自店舗の情報を上位表示させるために行う施策です。

検索エンジンにおいて「地域名+業種(お店の種類)」などのキーワードを使うと、検索結果にマップと店舗情報が表示されます。この部分に自店舗の情報を表示させる目的で行われるのがMEOです。

該当する店舗が複数ある場合は最大で上位3カ所に羅列され、「さらに表示」を選択するとほかの店舗情報も表れます。競合店舗がない場合、マップと特定の店舗情報が大きく表示される仕様です。

地域との関係性が深いため、ローカルSEOとも呼ばれる施策です。

ユーザーが地域名と業種で検索する理由として、その周辺でお店を探すケースがあげられます。検索結果から自店舗を目にしてもらえれば、来店を促せる可能性が上がります。

そして通常の検索結果と同様、上位表示された店舗から優先的に確認する傾向です。したがってマップエンジンの結果画面に確実に表示させるだけでなく、上位表示を目指す必要もあります。

なおMEO施策のためにはあらかじめ「Googleマイビジネス」という、自店舗や会社の情報を登録・編集できるサービスへの登録が必要です。

SEOとMEOの違い

SEOとMEOは、どちらも検索結果での上位表示を目的とした施策です。しかしSEOは通常の検索結果、MEOは地域名とあわせて検索したときのマップにおける結果に関係します。

SEOとMEOは、具体的に以下のポイントで違いがみられます。
• 対策の対象
• 対策の方法・進め方
• 発生する費用
• 難易度の高さ
両者の違いをしっかりおさえたうえで施策を進めることが大切です。

対策の対象

SEOとMEOでは対策する対象が異なります。
• SEO:Webサイトやブログなど、自社の有するメディア・コンテンツ
• MEO:Googleマイビジネス

SEOは自社サイトやブログなど、自社が有するコンテンツ全般の検索結果における上位表示が目的です。対策の対象が広く、Webマーケティングを行うすべての企業で実施できる施策といえます。

一方でMEOは、Googleマイビジネスのみが対象です。Googleマイビジネスとは、自社や自店舗の情報を登録・管理し、Web上で公開できるサービスです。

先ほどMEOに関する説明のなかで「検索結果にマップと店舗情報が表示されます」と記載しましたが、ここで表示される店舗情報は、Googleマイビジネスに登録された内容です。

MEO施策を行うというのは、自店舗を上位表示させるためにGoogleマイビジネスの内容を管理・編集するとも言い換えられます。したがってGoogleマイビジネスを登録していない状態では、そもそもMEO施策が実施できないのです。

対策の方法・進め方

続いて施策の方法や進め方に関する違いを紹介します。主な方法はそれぞれ以下のとおりです。
• SEO:キーワード選定、コンテンツの作成や内容の改善、Webサイトの改善(最適化)
• MEO:Googleマイビジネスの情報充実、常に最新情報を掲載、写真やQ&Aなどお役立ちコンテンツの掲載

SEOとMEOはともに検索結果での上位表示を目的とした施策ですが、そもそも検索順位がどのように決まるかおさえる必要があります。

検索エンジンは主に以下のポイントで、Webサイトやページを評価します。
• キーワードとの関連性
• コンテンツの内容:ユーザーのニーズを満たせる内容か、コピペや悪質な行為をしていないかなど
• ユーザーからの評価を得ているか:ユーザーの離脱率、獲得している被リンク数の多さなど
すなわちキーワードとの関連性があり、かつユーザーに役立つと判断されたページほど、検索結果で上位表示されるのです。

Webサイトやページは、コンテンツの内容によってユーザーの満足度が大きく変わります。キーワードとの関連性はもちろん、ニーズを満たせるような充実した内容も大切です。またユーザーの使いやすさを高めるために、ページの読み込み時間を速める対策や、スマホやタブレットでも閲覧できるような最適化も求められます。

Googleマイビジネスも同様です。営業時間や定休日など基本情報が漏れなく登録されている必要があります。またユーザーに誤った情報を伝えないよう、常に最新の情報(現在の店舗に関する情報)を掲載することが大切です。写真やユーザーからの質問に対する回答などのコンテンツは、より多くの情報を伝えられます。

検索結果での上位表示に必要な要素はSEOとMEOどちらも同じですが、前述したように、対策の対象自体は異なります。したがって具体的な対策方法は違いが大きいのです。

発生する費用

前提として、施策実施にあたって発生する費用の大きさは、会社の規模や施策の内容によって異なります。一般的にはMEOのほうが、トータルで発生する費用が安めの傾向です。

SEOはWebマーケティングに関する専門知識やノウハウのほか、コンテンツを制作するための人材も必要です。そのため自社ですべてを行うのが難しく、外部のWeb制作会社などに依頼するケースもあります。自社で行う場合の人件費や調査費、外部に依頼する際の報酬、いずれもMEOよりは高額になりやすいです。

MEOはGoogleマイビジネスのみが対象であり、自社だけで実施することも可能です。外部に依頼する場合でも月数万円程度と、それほど大きな費用にはなりません。

またSEOとMEOは、効果が出るまでの時間も大きく違います。MEOは本格的な施策開始から1ヶ月程度で効果が出るケースもあります。一方でSEOの場合、最短でも3ヶ月は必要であり、1年かかるケースも珍しくありません。SEOは効果が出るまでの時間が長いため、必然的にトータルで発生する費用が高額になります。

ただしSEOが成功すれば、長期的な流入が期待できます。またSEO施策の過程で作成したコンテンツは、自社の資産として残り続けるため、費用対効果が高いです。発生する費用は高額ですが、長い目で見ると大きなプラスになる可能性があります。

難易度の高さ

難易度はMEOよりSEOの方が高めです。

前述したように、SEOではさまざまな場面で専門知識が必要です。コンテンツの書き方だけでなく、サイト最適化やキーワード選定の方法など、さまざまな点に注意する必要があります。コンテンツを作成するための人材リソースも大切です。

MEOはSEOほど難易度が高くありません。対策する対象や内容が限られているため、比較的容易に進められます。知識やノウハウなどは必要ですが、自社のリソースのみでも十分実施できる施策です。

SEOとMEOどちらの対策を行うべき?

実店舗を運営しているなら、まずはMEOから実施するのが効率的です。

MEOはGoogleマイビジネスのみが対象であり、必要な知識ややるべきことがそれほど多くありません。早ければ1ヶ月で効果が出るうえ、多くの場合自社のリソースのみで進められます。即効性が期待でき、手軽に始められる施策です。

一方でSEOは長期的・安定的な集客につながり、将来的に大きな効果が得られます。近年はWebサイトやコンテンツから会社を知り、やがて店舗を利用する顧客になるケースも多いです。効果が出るまでに時間がかかるからこそ、早いうちから少しずつ進める必要があるともいえます。

まずはMEOから進めつつ、将来的にはMEOとSEOの両方を実施するのが理想です。

まとめ

SEOとMEOは、どちらも検索結果での表示順位を上げるための施策です。SEOはWebサイトやコンテンツを、MEOは地域名とあわせて検索したときのマップを対象としています。対象が異なるため、施策の方法や発生する費用、さらには難易度などさまざまな点に違いがあります。

実店舗の集客や売上に対する即効性が期待できるのはMEOです。一方でSEOは検索エンジンからWebサイトへの長期的なアクセスの増加につながり、上手くいけば長期的・トータルで大きな効果が実現します。

どちらも大切な施策なのは同じです。それぞれの違いをしっかりおさえ、そのうえで、自社に合わせた施策を進めることが大切です。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心に全国企業のホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページの制作するだけではなく、ホームページ制作後のSEO対策・集客・運用に力を入れています。更には、表示速度やレスポンシブ対応・ユーザビリティの向上など常にユーザー目線のUI/UXを考え、Webを通して成果や効果を実感・体感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談

;