Googleがサポートする「特別なタグ」について福岡 SEO対策

Googleがサポートする「特別なタグ」について

今回紹介する内容はGoogleがサポートする「特別なタグ」について。ホームページを作成し、検索にヒットさせるには非常に重要視されるタグとはいったいどのような役割があるのか確認していきましょう。

メタタグとは

HTMLのhead要素に記載されるタグのことです。メタタグを設置すると、ページのクロールやインデックスを制御、検索に関する記述など、サイトの情報を知ってもらう部分になります。

Googleがサポートしているメタタグの説明

Google では、サイトのページを検索結果にどう表示するかを決める際の判断材料として、インライン ディレクティブとページ単位のメタタグの両方をサポートしています。

ページ単位のメタタグは、ウェブマスターにとって自サイトに関する情報を検索エンジンに伝えるための手段になります。メタタグを使用して、あらゆる種類のクライアントに情報を提供できます。各システムでは、サポートするメタタグのみを処理し、残りは無視されます。メタタグは、HTML ページのセクションに追加します。たとえば、次のようになります。

Googleがサポートしているメタタグの説明

Google は以下メタタグをサポート

メタタグ一覧

メタタグの解説

descriptionタグ

コンテンツのページ説明になります。最近では、検索結果に表示されるスニペットの一部として使用される場合もあります。

robots / googlebotタグ

robotsタグはすべての検索エンジンに適用されます。googlebotタグはGoogle専用のタグになります。

タグの記述 記述の意味
index ページのインデックス登録を許可します。
follow クロールの際にページ内のリンクを追跡します。
noindex ページの登録(インデックス)をさせないように指示します。
nofollow クロールの際にページからのリンクを追跡しないようにします。
nosnippet 検索結果にテキストスニペットや動画プレビューを表示しないようにします。

これらのタグをしっかりと確認し、うまく活用していきましょう。もし外部リンク対策を行う業者のリンク先がnoindexやnofollowのタグが多くあるサイトであれば注意が必要です。そのサイトに登録されていてもnoindexが設定されていればクロールは回ってきませんし、nofollowであればページ内のリンクは追跡しない指定なので、表面上のリンク登録となります。

アクセスが膨大で、直接サイトに訪れてもらうことが目的であれば問題ありませんが、リンクの価値を提供しているサービスには確認が必要です。

nositelinkssearchboxタグ

検索上にサイトリンク検索ボックスを表示しないよう指示するタグです

notranslateタグ

ページの翻訳を提供しないように指示するタグです

nopagereadaloudタグ

Googleアシスタントの音声コマンド「このページを読む」や「読む」を使用しても、タグが設定されたページをGoogle アシスタントが読み上げないように指示するタグです。

google-site-verificationタグ

GoogleSearchConsoleの所有権を確認できるタグです。

viewportタグ

モバイルデバイスでのページの表示方法をブラウザに指示するタグです。このタグによって、ページがモバイルに対応していることがわかります。逆にこのタグが挿入されていないサイトはモバイル対応していないサイトになりますので、タグの挿入は確認が必要です。一度試しにviewportタグを外してみてサイトの表示を確認してみてはいかがでしょうか。

タグを外した後は必ず挿入を行ってくださいね。エラーが表示され検索結果に影響がでる可能性がありますのでご注意を。

影響がないメタタグも

以前までは検索結果に影響がでると言われていた「meta Keywords」タグです。半角の「,」区切りでキーワードを記述することで重要キーワードとして認知させていただタグですが、現在Googleの公式ではサポートされていないタグになるので、記述はなくても問題ないでしょう。

少し昔のサイトや更新ができていないサイトは「meta Keywords」タグが挿入されたままですが、得に検索結果への影響はないみたいですね。不要なタグはできるだけ削除した方が良い為、メンテナンス時などに削除を行っておきましょう。

まとめ

メタタグはサイトを制作、運用する上では非常に重要な役割を果たす機能です。タグの挿入や記述漏れなどがあれば検索結果などにすぐに影響してしまいます。まずは簡単に確認、修正できるディスクリプションタグ、タイトルタグを確認しておきましょう!

SEO対策・Web集客・サイト制作
のことならお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606

メールでのお問い合わせ

無料相談を申し込む