【徹底解説】SEO対策キーワード選定の5ステップ!失敗しないコツをご紹介!福岡 SEO対策

【徹底解説】SEO対策キーワード選定の5ステップ!失敗しないコツをご紹介!

「SEO対策キーワードって、どうやって選定するの?」
「キーワードを決めたいが、数が多すぎて絞り込めない」
「自社製品の購入につながるSEO対策キーワードを選定したい」

ホームページを活用した広報活動や集客に欠かせないのが、SEO対策です。SEO対策で成功するためには、効果的にキーワードを設定する必要があります。

しかし、自社の商品やサービスに関連するものだけでも、キーワードは無数に存在します。適切な選定方法を知らなければ、効果的なキーワードを選定するのは困難です。そこでこの記事では、

  • SEO対策キーワードの基本
  • SEO対策キーワードの選定方法
  • 効果的なキーワードを選ぶコツ

について解説します。これからホームページを立ち上げる方はもちろん、すでに制作したコンテンツで思うように集客できていないという方にも読んでいただきたい内容です。

記事を読みながら、実際にSEO対策キーワードが選定できますので、ぜひ最後までお読みください。

SEO対策キーワードの基本を解説

まずはSEO対策キーワードの基本を解説

 

具体的な選定方法をご紹介する前に、SEO対策キーワードに関する以下の基本知識について解説します。

  1. SEO対策キーワードとは
  2. SEO対策キーワードの重要性
  3. 選定時のルール【1記事1キーワード】

効果的なSEO対策キーワードを選ぶため、ぜひ押さえておきたいポイントです。1つずつ見ていきましょう。

1. SEO対策キーワードとは

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」のことです。GoogleやYahoo!といった検索エンジンで、Webサイトを上位に表示させるための施策を指します。

ユーザーが検索エンジンを使って何かを調べる際、検索スペースに入力される語句が「SEO対策キーワード」です。検索エンジンから集客するには、SEO対策キーワードの適切な選定が欠かせません。

たとえば「インターネット 安い 戸建て」と検索するユーザーは「安いインターネットへの乗り換えを検討している戸建て居住者」だと予想できます。SEO対策キーワードには、ユーザーの特徴やニーズが顕著に表れているのです。

2. SEO対策キーワードの重要性

Googleは検索結果を決定するため、SEO対策キーワードを使ってWebサイトを解析します。検索されたキーワードに合致する内容のWebサイトを表示させ、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供するためです。

SEO対策キーワードを正しく選定しなければ、たとえ良質なコンテンツでも検索結果の上位に表示させることはできません。たとえば「ダイエット 自宅」と検索したのに「おすすめのダイエットジム比較情報」が掲載されたWebサイトが表示されたら、どう感じるでしょうか。

コンテンツの内容がユーザーの検索意図とずれてしまうと、ターゲットとなるユーザーが求める情報を届けられません。ユーザーの検索意図を正しく読み取り、関連性の高いコンテンツを制作するために、SEO対策キーワードは非常に重要なのです。

3. 選定時のルール【1記事1キーワード】

SEO対策キーワードは、1記事につき1つに絞りましょう。なお1キーワードは「1単語」という意味ではなく、関連キーワードも含めた「1パターン」を指します。

複数のSEO対策キーワードを設定してしまうと、記事のテーマが定まりません。テーマが曖昧な記事は、ユーザーのニーズを十分に満たせないコンテンツとなってしまいます。カテゴリーやテーマの異なるキーワードは、別々の記事に分けて深掘りするのが基本ルールです。

検索エンジンの観点からも、1記事1キーワードは重要です。記事のテーマを際立たせることで、検索エンジンはコンテンツの内容を判断しやすくなります。その結果、検索エンジンの評価がアップし上位表示が期待できるのです。

SEO対策キーワード選定の5ステップ

SEO対策キーワード選定の5ステップ

 

SEO対策では、ターゲットとなるユーザーのニーズを分析し、集客効果の高いキーワードを設定することが求められます。この記事では、初心者の方でも簡単に実践できる以下の5ステップを紹介します。

  1. ペルソナの設定
  2. メインキーワードの設定
  3. 関連キーワードの抽出
  4. 検索意図がずれていないかチェック
  5. 検索ボリューム・SEO難易度からキーワードを決定

それでは、1つずつ見ていきましょう。

1. ペルソナの設定

SEO対策キーワードを設定する前に、まずはペルソナを設定しましょう。ペルソナは、以下のような項目を詳細に設定した架空の人物像のことです。

  • 性別や年齢
  • 職業
  • 家族構成
  • ライフスタイル
  • 悩み

ペルソナの設定は、ユーザーの具体的な行動パターンやニーズの理解に役立ちます。適切なSEO対策キーワードを設定するためには、ユーザーの視点に立つことが大切です。

ユーザーの悩みや課題を理解したアプローチは共感を呼びやすく、心に刺さるコンテンツとなります。少し面倒かもしれませんが、ペルソナは必ず設定しておきましょう。

2. メインキーワードの設定

メインキーワードとは、記事に最も関連するキーワードのことです。メインキーワードを設定することで、制作する記事の方向性が決まります。

ユーザーを効果的に集めるため、記事で解決できる課題や、自社の商品・サービスに関係のあるキーワードを設定すると良いでしょう。たとえば、ホームページ制作会社の場合は、以下のようなメインキーワードが設定できます。

  • ホームページ
  • Webサイト
  • Webデザイン

マニアックなメインキーワードを選ぶと、ターゲットが極端に限定されてしまう恐れがあるので注意が必要です。まずは検索ボリュームが大きく、シンプルな単語を設定することをおすすめします。

3. 関連キーワードの抽出

メインキーワードが決まったら、関連キーワードを抽出していきましょう。関連キーワードとは、メインキーワードに関連する、または連想されるキーワードのことです。

以下の無料ツールを使えば、効率的に関連キーワードを集められるのでおすすめです。

ラッコキーワードは「Googleサジェスト」「Yahoo!知恵袋」などの関連キーワードを一括で取得できるツールです。キーワードプランナーはGoogleが提供するWeb広告の運用ツールで、商品やサービスに関連するキーワード候補を取得できます。Ubersuggestは、サジェストキーワードの抽出のほか、検索ボリュームや難易度も調べられる便利なツールです。

より多くの関連キーワードを抽出することが大切なので、さまざまな角度から思いつく限り洗い出していきましょう

4. 検索意図がずれていないかチェック

検索意図とは、ユーザーが検索する際の目的のことです。たとえば「東京駅 ランチ」と検索したユーザーの検索意図は「東京駅でランチができる飲食店を見つける」ことだと推測できます。

Googleをはじめとする検索エンジンは、ユーザーの検索意図を予想して検索結果を表示しています。つまりユーザーの検索意図とずれたコンテンツは、上位表示が難しいということです。

Googleの提唱を参考にすると、検索意図は以下の4つに大別できます。

  • Knowクエリ
  • Goクエリ
  • Doクエリ
  • Buyクエリ

「クエリ」とは、ユーザーが検索エンジンに入力する言葉を指します。Knowクエリでは「東京 天気」など、検索したキーワードについて情報を集めることが目的です。Goクエリでは、アクセスしたいWebサイトが明確に決まっており「Amazon ログイン」などと検索します。

Doクエリは「エアコン 掃除 方法」など、実際のやり方やコツを知りたいというものです。Buyクエリは商品やサービスの購入が決まっていて「○○美術館 チケット」といったキーワードが該当します。

設定したSEO対策キーワードに対し、ユーザーの検索意図と合致するコンテンツを用意できるかチェックしましょう。

5. 検索ボリューム・SEO難易度からキーワードを決定

最後に、検索ボリュームとSEO難易度からSEO対策キーワードを決定します。検索ボリュームとは、1ヶ月あたりの平均検索回数のことです。キーワードプランナーなどのツールを使って確認できます。

検索ボリュームの種類は、主に以下の3つです。

  • テールワード(検索ボリュームが数千〜1万程度)
  • ミドルワード(検索ボリュームが1万〜5万程度)
  • ビッグワード(検索ボリュームが5万以上)

SEO対策では、一般的に「検索ボリュームが1,000以上」のキーワードを狙うべきと言われています。

SEO難易度とは、上位表示させる難しさを示す指標のことです。主にドメインパワーやインデックス数、コンテンツの量・質で判断できます。rishirikonbu.jpという無料のチェックツールの活用もおすすめです。

難易度が高いキーワードを選ぶと、上位表示も難しくなる可能性があるので注意しましょう。

効果的なSEO対策キーワードを選ぶコツ【CTRが重要】

効果的なSEO対策キーワードを選ぶコツ【CTRが重要】

 

ここで、より効果的なSEO対策キーワードを選定するコツをご紹介します。重要となるポイントは「CTR」と「ユーザーの言語感覚」です。

CTR(Click Through Rate)とは「ユーザーに表示された回数のうちクリックされた回数の割合」のことです。Google Search Consoleの「検索パフォーマンス」などから確認できます。

CTRが低い、すなわち表示回数が多くクリック数の少ないキーワードは、ユーザーのニーズがあるにもかかわらず読まれていないコンテンツということです。適切なSEO対策ができていない可能性が高く、記事のリライトといった施策を行うべきキーワードといえます。

また、ユーザーが使い慣れた言葉をキーワードに設定することも大切です。ターゲットとなるユーザーの職業や年齢を予測し、言語感覚を意識してキーワードを設定しましょう。

SEO対策キーワードは定期的な見直しが重要

 

SEO対策キーワードは、一度選定したら終わりではありません。SEO対策の効果を持続させ、より向上させるために、以下のような項目を定期的に見直すことが必要です。

  • ユーザーのニーズ
  • ユーザーの検索意図
  • 上位記事が示す検索意図
  • 検索ボリュームやSEO難易度

また、キーワード毎の順位やアクセス数を定期的にチェックし、アクセス数の伸びが鈍化したタイミングでキーワードを見直すようにしましょう。検索意図や検索ボリューム、新たなキーワードが出現している可能性があります。

まとめ

まとめ

 

SEO対策キーワードを正しく選定すれば、上位表示によるアクセス数アップが期待できます。ただし、ユーザーのニーズを把握できていないキーワードで記事を制作しても、ターゲットが求める情報を届けることはできません。

SEO対策キーワードの選定で失敗しないためには、コンテンツの目的を明確にした上でペルソナを設定し、ユーザーの検索意図を確認してキーワードを選ぶことが重要です。

ぜひ、ご紹介した方法でSEO対策キーワードを選定していただき、コンテンツの上位表示を目指してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡・福岡市でホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。それはSEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考えることにあります。成果や効果を実感できるホームページの制作は株式会社Soeluにお任せください。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談