福岡でホームページ制作することによって得られること、気を付けなければいけないこと福岡 SEO対策

福岡でホームページ制作することによって得られること、気を付けなければいけないこと

福岡でホームページ制作することによって得られること、気を付けなければいけないこと

福岡でホームページ制作することによって得られること、気を付けなければいけないこと

新型コロナウィルスの影響によってホームページの重要性が増してきました。

まだホームページを制作していないのであれば、これを機に作成してみてはいかがでしょうか。ホームページ制作をするといろいろなメリットを得られる反面、作るには費用や運用ルールなど様々なことを考えておく必要があります。

今回は福岡でホームページ制作することによって得られること、気を付けなければいけないことなどについて見ていきます。

ホームページ制作をして得られること!!

まずはホームページ制作をして得られることを見ていきます。なおここで紹介するのは一部でありますので気を付けてください。

認知度がアップする

自社の認知度がアップするというメリットがあります。直接会って話をして自社のことを伝えられることもできますが、ホームページを制作しておくと直接会って話す以外の手段でも自社のことを伝えられるようになります。

認知してもらえる情報を増やせるのもメリットの1つです。どんな人でも一日に取り込める情報には限度があります。そのため自社で多くの商品やサービスを作っている場合、すべての情報をお客さんに伝えることはできません。日を分けて紹介することもできますが、その都度お客さんに来てもらったり、こちらから赴いていたりする必要がありため、お金もかかりますし時間も大きく消費します。

そうしたときにホームページがあると便利です。ホームページ内で自社の商品やサービスの情報をアップしておけば、お客さんの好きなタイミングで自社のことを知ってもらえるようになります。しかもホームページは24時間稼働しているため、お客さんの好きな時間に見てもらえます。

とはいえホームページだけでは伝わり切れないこともあるでしょう。そうしたわからなかったことに関しては、お客さんから教えてもらうようにします。教えてもらった後は資料などを用意して、こちらから赴いて説明すれば、ただやみくもにいくだけの状態よりも効率よく自社のことを認知してもらえます。

販売手段としても活用できる

作ったホームページをどのように活用する予定ですか?単純に自社の活動内容や商品を知ってもらうために作るケースが多いかと思います。それだけでも十分かと思いますが、ここはホームページで自社の商品やサービスを販売することも考えてみてはいかがでしょうか。

ホームページから販売することのメリットは「固定費がほとんどかからない」ことです。商品やサービスを販売する場合は、店舗を用意したり販売要員を手配したりする必要があり、販売するまでの準備でお金がかかってしまいます。

ですがホームページからの販売であれば、仕組みを作ってしまえば後はプログラムが勝手に行ってくれるため、店舗を用意したり専用の販売要員を手配したりする必要がありません。そのため通情報販売方法よりも固定費などを抑えつつ商売ができるようになります。

「販売用のホームページを新たに創設しなければいけない」ように思えますが、すでにあるホームページを改修して販売ページを設けることもできます。ただしホームページ制作に使用したツールによっては、別途費用が発生することありますので気を付けてください。

様々なウェブサービスを提供・展開できる

ホームページ制作すると様々なサービスを提供・展開できます。たとえば動画での配信サービス。製品を写真として展示するのもいいですが、動画にして360度様々な視点から商品を眺められるようにすると商品の注目度が上がります。

実際に賃貸物件でも動画で流したり、360度様々な視点から屁を眺められたりするサービスがあり、利用したことがある人もいるのではないでしょうか。技術次第ではGoogle Earthのようにリアルな情報を提供することも不可能ではありません

動画配信はある程度技術が必要であり、今はそうした技術を持っていないというケースもあるでしょう。その場合は商品のPDFを配布するだけでもOKです。ホームページを制作した後に動画や写真配布のサービスを始めていくこともできますので。

ホームページ制作での注意点

ホームページ制作をすれば大きなメリットを得られますが、無料で作れるものでないのでいろいろと注意すべきポイントがあります。ここではそうしたポイントについてみてきます。

ホームページ制作に関わる費用が発生する

インターネットは自由に様々なものが閲覧でき、無料でいろいろなツールをダウンロードできるため、「インターネットを使う=無料でできる」と勘違いする人が少なからずいます。ですが、インターネットでサービスを展開するときは大抵お金が必要となりますので気を付けてください。

例えばホームページを制作する場合、ドメイン代金として1,000円以上、 サーバー代金として500円以上、 ホームページ制作費用が110,000円以上必要になります。(作成する内容や規模によってはこれ以上になることもあります。)

無料でできると思い込み、見積もりを出してもらったら予想以上の価格を提示された、ことがないように気を付けてください。

ちなみに上記でドメイン代とサーバー代問いのを提示しましたが、それぞれ何を意味しているのかをここで示しておきます。

ホームページ制作に必要なドメイン

ドメインとはインターネット上での住所のことです。例えばGoogleの検索サイトの場合は「https://simple-alpha.com/」がドメインとなります。インターネットの世界は電子世界であることから、住所は数字や英文字が羅列したものなど機械的な番号であるIPアドレスが割り振られます。

意味なく並べられたIPアドレスを人間が識別するのは不可能です。そのため「https://simple-alpha.com/」など人間にとってわかりやすい文字列をIPと関連付けるようになりました。その文字列がドメインとなります。

ドメインを設定することの良さは「住所変更しても変わらないこと」です。引っ越しをすると必ず住所が変更になります。インターネットの世界も同様で引っ越しをするとIPアドレスが変化します。

ですがドメインはIPアドレスと関連付けられているだけなので、IPアドレスが変わったら新しいIPアドレスと結びつければよいため、今使用しているドメインをそのまま使用することが可能です。つまりドメインがあると引越しのリスクが大幅に低減します。

ホームページ制作に必要なレンタルサーバー

レンタルサーバーはホームページを設置する装置のことです。ホームページが24時間稼働しているのはサーバー自体が24時間稼働していることによるものです。サーバー自体は自社のホームページで1台占有できるケースがあれば、自社を含む複数社のホームページで1台のサーバーを共有している場合があります。

占有できるリソース(資源)や費用でそれぞれ長短ありますので、適切なサーバーを選ぶようにしてください。

ウェブ集客に必須施策「SEO対策」

ホームページ制作にあたって注意しなければいけないのが「SEO対策がしっかりできているかどうか」です。SEOとは検索エンジンの上位に出るための方法を示しています。インターネットで情報収集するときは必ずと言っていいほど検索エンジンを利用します。

ホームページを制作したとしても検索上位に表示されないと意味がありません。
関連記事

SEO対策Seo OPERATION ホームページを運営する上で非常に大切なSEO対策 SEO対策とは 検索エンジン最適化とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において、 特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイト[…]

○○何選というホームページが強い理由について

SEO対策はホームページ制作をするに当たって重要なことになります。SEO対策は内部対策、外部対策のそれぞれを行う必要があります。

内部対策は「ホームページ内の質の向上させる」ことです。ホームページを訪れたお客さんが抱えている悩みを解決できるような記事があったり、お客さんの需要を満たすような商品が紹介されていたりすることが挙げられます。ほかにもサイト内が移動しやすいことや、サイトの全体図がわかりやすいかどうかといって面もあります。

外部対策は「ホームページ自体がほかのところに評価されているかどうか」です。

自社のホームページのリンクがほかのサイトに設置されていることなどが、評価ポイントとなります。昔と比較して絶対的な評価とは言えませんが、それでもリンクが多く設置されているとお客さんからのアクセスが増えるため、検索上位に自社サイトが表示されるようになります。

ホームページ制作を外部に依頼した場合、外部の方がSEWO対策をしてくれる場合があるため、SEO対策は必須項目ではありません。

ですがホームページを運営している会社が自分の意図通りにSEO対策しているかどうかや、その会社の活動状況を知るにはSEO対策を理解していると評価しやすくなるので、SEO対策について理解することはおすすめできます。

関連記事

SEO対策の方法や、手法は無数にあり、どれが正解なのか誰も答えることができません。 しかし、SEO対策行う上で大切な実践10か条を解説していきたいと思います。あくまでも必ず上がる実践法とはまで言えませんが、行っておいた方が良い実践法なので[…]

関連記事

SEO対策やMEO対策を行う上で検索を上位に上げる対策に合わせて「したらダメ事」「やったらダメな事」について解説していきたいと思います。ぜひ検索を上げる内容に照らし合わせて確認してみてください。 SEO対策・MEO対策でダメな施策について[…]

デザインの個性的なものにするか汎用的なものにするか

ホームページは使い勝手が重要な評価点となりますが、同時に見た目であるデザインも大切です。

実際に良いデザインのホームページは集客量がアップするため、ホームページ制作をするときは、没個性にならないような個性あるデザインにすることが推奨されています。

ただし、デザインにこだわりすぎて機能性が欠落していたら元も子もありません。デザインの良さと使い勝手などの機能性のバランスはある程度考慮していく必要があります。

良いデザインと思って公表したらあまり評価されず、逆に悪いデザインかと思ったら意外と評価されたというケースもあるので、出してみるまで分からないところもありますが。

なお現在はデザインのテンプレートも充実しており、そこから選ぶという方法もあります。「テンプレートのデザインを使うとそれはそれで個性がなくなる」と思うかもしれませんが、テンプレートにはテンプレートのメリットがあります。

テンプレートを使用したホームページ制作のメリット

1つ目が「費用を抑えられる」こと。福岡でホームページ制作会社にホームページのデザインまで要求することもできますが、その分人件費が高くなります。たいしてテンプレートをそのまま使う場合は、デザインについてはある意味決定したことになるため、デザインに関する費用が発生しません。

結果としてホームページ制作にかかる費用が抑えられるだけでなく開発期間もまた短くなります。

2つ目のメリットは「外れがない」こと。デザイナーなどにホームページのデザイン制作を依頼すると個性のあるデザインを作ってくれますが、それが世間に評価されるかは実際に運用してみないとわかりません。

良いデザインと思ったとしても主要の顧客層からの評価が今一つっといったこともありますので。テンプレートデザインは個性こそないですが、その分デザインとしては安定しています。そのため汎用的なデザインは外れがないとも言えます。

関連記事

ホームページ制作・運用実績 福岡・福岡市を中心にホームページ制作 ・Web集客・SEO対策に行っております。[…]

ドメインやサーバーの解約時に必要なこと

ホームページ制作時にはドメインやサーバーの運用ルールなどについても契約を行います。もしも契約を解除したときに、どういった手続きが必要で、どんなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

ドメインやサーバーは長期的に運用するものですが、いつまでも同じものとは限りません。社員が働くオフィスも社員が増えて手狭になれば新しい場所へ引っ越すように、ホームページもアクセス数が増えて、今のサーバーで賄えきれなくなったときは、より規模の大きいサーバーへ移管するなど引っ越し作業が発生します。

ホームページにおける引っ越し作業でどういった問題が出てくるのかを、前もって把握しておく必要があります。

例えばドメインの場合。サーバーを変えたとしてもドメイン自体は引き続き同じものが使えるのか、使えない場合は以前のアドレスでアクセスした方に新しいアドレスを知らせるようにする、など今後の手を考える必要があります。

ドメインはネットワーク上での住所を表すものなので、できるだけ同じものを使いたいですが、不可能な場合は変更する旨の通知やホームページ内にあるリンク等も見直さないといけません。

サーバーの場合は新しいサーバーの費用だけでなく、古いサーバーの契約解除に伴う費用などについても考える必要があります。またサーバーからサーバーへのデータ移管の方法や、移管でトラブルが起きた時の対処法などについても考えておきましょう。

特にホームページ制作では作ることに意識が行きがちです。ですが永遠に続くものはないですので解約時に起きることなどについても理解しておくようにしてください。

自社で管理するか制作会社に任せるか!?

制作したホームページを自分たちで管理するか、他の人に管理を任せるのかについても考えておいてください。

車などの機械を安定して動かすには定期的なメンテナンスが必要なように、ホームページもまた安定して稼働させるにはメンテナンスが欠かせません。

ホームページにおけるメンテナンスは保守・運用という言葉に置き換えられるのですが、その保守・運用を自分たちで行うのか、それとも他社に任せるのかによって状況が大きく変わります。

自分たちでメンテナンスするメリットは「安くて速い」ことです。メンテナンスで発生する費用は社員に支払う給料だけとなるため、費用に関しては最も少ない方法といえます。またメンテナンス担当者が寺社内にいるため、トラブルがあったときに、即座に対応できます。

制作会社に依頼しない場合のデメリット

デメリットは「メンテナンス用の人材を用意しなければいけない」ことです。

ほかの仕事との兼業もありですが、その人の負担が大きくなることや何かあったときに即座に対応できなくなる場合があります。また自前で行うにはスキルを持った人材が必要であり、そうしたスキルを持つ人材が得られるかどうかは、運次第なことがあります。

制作会社に依頼した場合のメリット

他社にメンテナンス任せるメリットは「自社の負担が少なくなる」ことです。自社でメンテナンスをする場合はトラブルなどを一身に受けることとなるため負担や責任が大きくなります。他者にホームページのメンテナンスを任せれば、任せた分だけ負担や責任が少なくなり、自社で抱えるリスクを減少できます。

逆にデメリットは「お金がかかる」ことです。

近年はアウトソーシングなど自社ですることの一部を外部へ委託するケースが増えています。一見するとよいことに思えますが、外部に委託すると自分たちで行うよりもお金がかかります。こうした事情はホームページのメンテナンスもまた例外ではありません。外部に委託するとメンテナンス費が高くなることには気を付けてください。

メンテナンスを委託する場合は委託先にも注意する必要があります。委託先のスキルもそうなのですが、福岡にある会社が鹿児島の会社に委託を任せる場合など、物理的な距離がある場合はその距離がネックになることも少なくありません。

もしも委託先の会社が自社との距離が離れているときは、やり取り自体に工夫が要求されます。

ホームページ制作の現状
2021年はホームページ制作をするのにいい時期だといえます。どうしてそう言えるのでしょうか。

新型コロナウィルスが後押している

2020年より、新型コロナウィルスが蔓延して様々なビジネスに影響をお呼びしていますが、ホームページの効果においては追い風になっていたりします。

追い風になっている要因は「在宅勤務が増えた」ことによるものです。新型コロナウィルスにより緊急事態宣言がだされ、多くの人が在宅勤務をするようになりました。自宅にいることが多くなり、情報収集としてインターネットが大きなウェイトを占めるようになったのです。

ホームページとはインターネットを経由して、情報をお客さんに発信します。そのため在宅勤務が増えてインターネットによる情報収集が増えた状況は、ホームページの存在感が増しているとも言えます。

ホームページ制作にも利用できる補助金なども多数あります。
関連記事

生産性革命推進事業に係る補助金 生産性革命推進事業では、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金の3つの補助金をご用意しています。従来の補助金からの変更点として、通年での公募となるため、十分な準備をした上で、都合の良いタ[…]

関連記事

福岡でホームページを制作する際、様々な補助金や助成金を使えることをご存知でしょうか。特に福岡市はITやウェブ関係の支援を手厚くしており、つい先日も市が単独で見直せる約3800種類の手続き全てで“脱ハンコ”宣言をしております。 また、コロナ[…]

ホームページ制作 福岡

住所を問わずミーティングや打ち合わせが行いやすくなっている

住所を問わずミーティングや打ち合わせが行いやすくなっている状況も、ホームページ制作には有利となっています。ホームページは場所を問わず制作できますが、ホームページで得られる効果には場所の制限がかかってしまいます。

たとえば顧客を見つけて後に、その顧客とミーティングする場合。どこかで顔合わせなどをする必要があるでしょう。その時にこちらの会社は福岡にあるのに対して、相手の会社が東京にあるとどうなるでしょうか。福岡から東京まで出張しないといけません。

しかも一度ですぐに終わるわけではないので、何度も出張を繰り返す場合があります。
(一応、今はLCCとかもあるので以前よりは費用を抑えられますが。)

そうした移動費の問題ですが、現在は一切発生せずにお客さんと顔を合わせることが可能です。Microsoft TeamsやZoomミーティングなど現在は無料で離れた相手と話せるソフトがたくさんあるからです。そうしたツールを活用すれば物理的に合うことなく、相手と様々なことが話せるようになります。

ツールの発達は会社でのライフスタイルに変化を与えるのみならず、ホームページを制作して得られるメリットを大きくする作用もあります。

ホームページ制作に関する予算が作れた

「ホームページ制作をしたいけど予算が取れない」というケースがあったかと思います。ですがそうした問題も新型コロナウィルスに解決できたりします。

注目するのは交通費。社員を会社に出社させる場合は、電車賃やガソリン代などの交通費が発生し、会社側がその費用を負担しなければいけません。定期代が支給されるので会社員の立場ではあまり意識しませんが、会社の視点で見ると結構な出費になります。

こうした事情も新型コロナウィルスで一変します。在宅で仕事してもらうようになったため、電車賃やガソリン代などの交通費を支払う必要がなくなったからです。実際に在宅中心にシフトした会社では交通費の支払いをやめたところも出てきています。(出社しないといけない仕事をしている社員は別です。)

社員としては特に気にすることはなかったのですが、会社の視点で見ると新型コロナウィルスで会社の費用が減ったという面があります。そうして減らせた費用をホームページ制作に流用してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作における福岡の事情
人口が500万人を超えるとされており、日本でも特に人口が多いとされている福岡県。ここではその事情を見ていきましょう。

IT企業が多い

人口が多いほど様々な企業が活動しているのですが、福岡県を見ると以外にもIT起業が多かったりします。「株式会社ゼンリン」や「株式会社ベガコーポレーション」とったIT企業が福岡県にはあり、全国でも有数なところ言ってよいでしょう。

有名な企業を紹介しましたが、大きい企業だけがそろっているわけではありません。中堅や小規模の会社のさることながら、ベンチャー企業など新しい企業も続々と作られています。「仕事を依頼するなら大手がいい」と思うこともありますが、ベンチャー企業ならばサービス内容を抑えて費用を少なくできたり、対応が早かったりする場合もありますので、そうした企業も候補に入れてみてください。

福岡にあるIT企業は、ソフトウェアの開発やホームページ制作の仕事をしているだけとは限りません。固定機をはじめスマートフォンやパソコンなど様々なハードのゲームが福岡で生み出されています。

ホームページ制作は分野ではないのでゲーム会社に依頼することはありませんが、ゲーム会社の経験者をホームページ制作や運用のスタッフとして雇うのはいいかもしれません。ゲームはデザインが重要なのでゲームのデザインを担当してくれた方の場合は、ホームページ制作のデザインにも力を発揮してくれる場合があります。

IT企業が多い背景

IT企業が多いとされていますが、その理由はなぜなのでしょうか。いろいろな要素や事情があるかと思いますが、ここでは「ITに関する教育機関が充実している」ことを上げます。

ITに関する教育機関が多くあり、実際に情報系やデザイン系の学科のある学校が30近くもあるなど、ITを学ぶところが充実しています。これが福岡の特徴といえるでしょう。

教育機関が多いことはその分野の仕事を志す人材もまた多くなることを示しています。結果としてIT起業を目指す人が多くなり、そうした人を雇うためにIT企業もまた増えていった背景があります。ITのベンチャー企業が多いのも、ITの教育機関で学んだり、IT企業で経験を重ねたりした人たちが「自分で企業を立ち上げたい」と思い行動したからかもしれません。

まとめ

ホームページ制作をすると自社の認知度をあげるほかに多くの情報をお客さんに提供できたり、サービスの幅が広げられたりと多くのメリットを享受できます。

ただしメリットを受けるにはドメインのサーバーやドメインなどホームページに関わるものを理解したり、SEO対策を知っておいたりと様々な準備が必要となります。

福岡では技術者も多く比較的低コストでホームページ制作を行えますので、準備をしつつ福岡のIT企業に依頼してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606
福岡・福岡市でホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。それはSEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考えることにあります。成果や効果を実感できるホームページの制作は株式会社Soeluにお任せください。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談