ユーザーの行動や考え方を知ることで、訴求する内容が異なることを理解する福岡 SEO対策

ユーザーの行動や考え方を知ることで、訴求する内容が異なることを理解する

サイトコンテンツの考え方として、ユーザーが求めていることを常に発信することが大切であることは言うまでもありません。こちら側が発信したい、伝えたいことばかりを伝えてもユーザーがその情報を求めていなければ、魅力がないコンテンツと判断されてしまいます。

また、ユーザーがせっかくアクセスしてくれたのに、求めた情報がなければすぐに戻るボタンを押されてしまい直帰率にもつながります。

いかにユーザーが求める情報をリアルタイムに発信できるかが、今後のサイト制作には必要なことだと言えるでしょう。

今回はそれぞれのターゲット層に対してどのような訴求を行えば良いか簡単にご説明します。

関心度 ユーザー ターゲット層
純広告 未認知層
動画・ディスプレイ 低関心層
SNS広告 顕在層
アフィリエイト
リターゲティング
リスティング広告
潜在層
顧客層

それぞれの見込み顧客層をこの様な図で分解でできます。

とにかく何もしらない未認知層には:純広告が最適です

次に低関心層に対しては視覚的に訴えることができる、動画やディスプレイ配信が適しているでしょう。

次に顕在層にはSNS広告、サービスを知っている顕在層なので、いかにベネフィットを伝える訴求ができるかがポイントとなります。

潜在層にはアフィリエイト・リターゲティングが効果的。一度サイトにアクセスした人に広告を配信し続けることができる、リターゲティングはCV率も飛躍的にアップすることができます。これらを駆使し顧客層へと引き上げる訴求を行うことが大切です。

SEO対策・Web集客・サイト制作
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページの相談

ホームページ制作

福岡のホームページ制作会社
アルファ企画
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606