SEOは即効性がない?SEOの効果が出るまでの期間や注意点を解説します。お知らせ

SEOは即効性がない?SEOの効果が出るまでの期間や注意点を解説します。

SEOとは検索エンジンでキーワードを検索したとき、自社サイト・コンテンツを上位表示させるために行う施策です。検索結果で上位表示されれば、検索エンジンからのアクセス数が増えやすくなるため、Webサイト運営の効果が大きくなると期待できます。

そんなSEOですが、「SEOは即効性がない」「長期的な取り組みが必要」などの情報を目にした経験をお持ちの方も多いのでしょうか。本記事ではSEOの効果が出るまでに要する期間について詳しく解説します。

SEOは即効性がないって本当?

結論から申し上げると、SEOに即効性がないのは事実です。

より正確に表現すると、ゼロの状態からSEOの本格的な取り組みを開始すると、大きな効果を実感するまである程度の長い期間を要します。サイトの状態やこれまで取り組んできた施策の内容によっては、通常よりも短い期間でSEO効果が実現するケースもあります。

「これまでSEOを気にしたことがない」「検索エンジンからのアクセスがほとんどない」などの場合、施策の効果が出るまでに時間がかかるでしょう。SEO効果が出るまでの期間について詳しく解説します。

最低でも3ヶ月~は必要

SEOに関する本格的な取り組みをはじめてから成果が出るまで、最低でも3ヶ月~は必要です。こちらは非常に短いケースであり、平均して半年程度はかかると考える必要があります。効果が実感できるまでに1年以上かかるケースも珍しくありません。

Webサイトを立ち上げたばかり、SEOに関するやるべきことが多く存在するなど、サイトの状態によってはさらに長い時間を要します。SEOは即効性があるとはいえない施策です。

SEOの効果が出るまでに時間がかかる理由

SEOの効果が出るまでに時間がかかる理由として、検索エンジンの仕組みが挙げられます。検索エンジンがWebサイトやコンテンツを評価し、検索結果に表示させるまでの大まかな流れを紹介します。

  • 検索エンジンのクローラーにページの通知がされる(検索エンジンがページの存在を認識する)
  • 検索エンジンにページがインデックスされる(検索エンジンのデータベースにページが登録される)
  • クローラーがページを巡回し、評価を行う
  • 評価が反映され、検索順位に影響を与える

このように検索順位の変動が起きるまでに必要なステップが少なくありません。複数のステップがあるうえにWeb全体で膨大なページが存在するため、どうしてもスピーディーなインデックス・クロールが難しく、評価が反映されるまでに時間がかかってしまうのです。

SEOで即効性が無理でも…効果を少しでも早く出すコツ

SEOは検索エンジンの仕組み上、どうしても効果が出るまでに時間がかかります。しかし即効性とまではいえなくても、効果が出るまでのスピードを早めるためのコツは存在します。

SEOの効果実現を早める効果が期待できるコツ・施策は以下の5点です。

  • タグの修正
  • サイト構造の最適化
  • 既存コンテンツのリライト
  • インデックスのリクエスト
  • 広告やSNSの活用もひとつの手段

それぞれ詳しい内容を解説します。

タグの修正

最初に行いたいのがタグの修正です。タイトル・見出し・メタタグなどの重要なタグに対策キーワードを入れることで、SEO効果が高まる可能性があります。

タイトル・見出し・メタタグは、クローラーがコンテンツ内容を推測するうえで重要な意味を持つ要素です。これらのタグに対策キーワードが使われていれば、クローラーはコンテンツとキーワードの関連性が深いと判断し、高く評価する傾向にあります。クローラーにコンテンツ内容を正しく伝え、評価を上げるために、これらのタグへのキーワード活用が必要です。

検索エンジンだけでなく、ユーザーに対するアプローチにも役立ちます。ユーザーはタイトル・メタディスクリプション・見出しなどを見てコンテンツに記載されている内容を推測し、記事を読むかどうか判断します。したがってタイトルなどにキーワードを入れ、検索したキーワードに関する情報を扱っているとアピールが必要です。

タグの修正はすぐに実施できるうえ、情報が反映されるのも早めの傾向です。手軽さとスピード感の両方を兼ね備えているため、SEO施策として早い段階で行うべきといえます。

サイト構造の最適化

サイト構造の最適化も効果的です。サイトを正しく評価してもらう・クローラーのサイト内巡回を促すためには、巡回しやすくわかりやすいサイト構造にする必要があります。

特に実施したい作業は以下の2点です。

  • URL正規化:同じページでも「www」「index.html」の有無による複数のURLが存在するケースがあります。ページ評価が分散する原因になるため、ひとつのURLへの統一が必要です
  • 適切な内部リンクの設定:関連性のあるページへのリンクやサイトマップなど、適切な内部リンクを設定すれば、クローラーが巡回しやすくなります

せっかく良質なコンテンツ内容でも、サイト構造に不備があると正しい評価を得られません。サイト構造の最適化も、早めに実施するべき作業です。

既存コンテンツのリライト

すでにサイトで多くのコンテンツを公開しているなら、既存コンテンツのリライトもおすすめです。コンテンツ内容を修正・改善し、より質の高い内容に仕上げます。

コンテンツのなかに、アクセス数が伸びない・ほかのコンテンツに比べて成果が出ていないものはないでしょうか。そのようなコンテンツをそのままにしても、これから急に効果が出る可能性は高くありません。しかしリライトにより内容を良いものにすれば、SEO効果が高くなると期待できます。新規コンテンツを制作するよりも短時間で済むうえ、実施から効果の実現までのスピード感も早い傾向です。

確実な効果を出すには、既存コンテンツの課題や修正するべき点を明確にし、そのうえでリライトを実施する必要があります。

インデックスのリクエスト

新たなコンテンツの公開や既存コンテンツのリライトをしたら、Googleに対してインデックス登録のリクエストを送信しましょう。インデックス登録をリクエストされたコンテンツは優先的な巡回・評価が行われるため、通常よりも早くSEO効果が実現すると期待できます。

インデックス登録のリクエストはGoogleが提供する無料ツール「Google Search Console」から手軽に送信可能です。

広告やSNSの活用もひとつの手段

SEOとは少しズレますが、アクセスを集めるという意味で、広告やSNSを活用する方法もあります。

Web広告は出稿に費用がかかりますが、手軽に広い層へのアプローチが可能です。即効性が高く、すぐにアクセス数を増やせます。またSNSはキーワードでの検索をしない(自覚するニーズを持っていない)ユーザーにもアプローチできる可能性が高いです。

もちろんSEOも大切ですが、それ以外にもアクセス数を増やす方法があると押さえておきましょう。

SEOで即効性を求めすぎない!施策の注意点とは

SEOの効果実現を早めるコツや施策を紹介しました。

しかしいずれも即効性が出るとはいえず、ある程度の時間がかかるのは避けられません。SEOはスピード感を求めすぎないように注意しましょう。

SEOで注意したい具体的なポイントとして、以下の3点が挙げられます。

  • 力を入れつつ無理のないペースで行う
  • 長期的な視点でスケジュールを立てる
  • 専門業者に依頼すると効率的

注意点について、それぞれ詳しく解説します。

力を入れつつ無理のないペースで行う

SEOは長期的な取り組みが必要だからこそ、施策に対して力を入れつつも、無理のないペースで行うことが大切です。

たとえば新規コンテンツを増やすのは、SEOにおいて効果的な施策です。しかし早くコンテンツを増やそうと無理なペースで執筆を行うと、負担が大きくなりすぎます。疲労・ストレスが蓄積され、大きなトラブルにつながるリスクが高いです。またコンテンツの数を重視するあまり、質が悪くケースも珍しくありません。

SEOは力を入れて行うべき大切な施策です。しかし無理なペースはかえって効果が薄れてしまう恐れがあります。SEO関連における手は抜かないようにしつつ、無理のない範囲に抑える必要があります。

長期的な視点でスケジュールを立てる

長期的な視点でのスケジュール計画も大切なポイントです。

SEOは効果が出るまでに時間を要します。これは「施策を行なったら効果が出るまで放置して良い」わけではなく、「効果が出るまで施策に取り組み続ける必要がある」という意味です。すなわち効果が実感できない間も、継続的にSEO施策を行う必要があります。

短期的なスケジュールの計画だけでは、将来的にリソース不足になる恐れが大きいです。長期間取り組み続ける前提でスケジュールを立てましょう。

専門業者に依頼すると効率的

SEO施策は自社ですべて行うのではなく、専門業者に依頼すると効率的です。

SEOは必要な知識や情報の範囲が広いうえ、効果を高めるには専門的な部分まで深く理解する必要があります。長期的に取り組み続ける必要があるため、必要になるリソースが大きいです。すでに業務を抱えているなか、SEOに関する理解を深め、自社内でリソースを確保するのは容易ではありません。

自社内でSEOを実施するなら無料なのに、専門業者に依頼すると費用が発生するため、一見するとコスパが悪い印象かもしれません。しかし自社の負担を抑えられる・効果の確実性が期待できるなどの理由から、専門業者に依頼するほうがトータルでプラスになる可能性が高いです。無理に自社内で行おうとせず、SEOの専門業者にご相談ください。

まとめ

SEOは即効性のある施策ではなく、効果が出るまでに平均して3ヶ月~半年程度時間がかかります。

比較的スピーディーな効果実現が期待できるコツ・方法も紹介しましたが、それでも即効性とはいえません。長期的に取り組み続けるという前提でスケジュールなどを計画する必要があります。

数ヶ月~年単位という長い期間、自社のリソースのみでSEO施策を行うのは負担が大きいです。また確実な効果を出すにはSEOに関する広く深い知識が必要ですが、それらを身につけるにも時間と労力がかかります。

SEOの専門業者によるサポートがあれば、自社の負担を最小限に抑えながらも、効果的なSEO施策が期待できます。SEO施策を無理に自社内で行おうとせず、専門業者にご相談・ご依頼ください。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心にホームページの制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。また、SEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考え、Webを通して成果や効果を実感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談