【ウェブ集客の要】SEO対策、リライトに関しての必要事項福岡 SEO対策

【ウェブ集客の要】SEO対策、リライトに関しての必要事項

SEO対策のリライトに関しての必要事項をまとめましたので、自然検索の集客に悩んでいる方はぜひ参考にされてください。

作成した記事のキーワードや対策キーワードの見直し

せっかく作成した記事が全くアクセスがなく、反応ないと非常に悲しくなりますよね?まずは作成したキーワードが月間でどのくらい検索されていて、どのくらいの需要があるのか事前に調査を行って記事の作成を行ましょう。

現在では無料枠内で検索ボリュームなどを調査するツールなども非常に多く、比較的簡単に調査できるようになりましたので、まず記事を作成する前にキーワードの需要度を調査することが大切です

検索流入が少ないページのSEOキーワードを見直し

需要・市場調査後は作成した記事が需要に対してマッチしている記事の中身やキーワードを見直しましょう。

ただ、月間のボリュームが少ないからと言って、対策しないのではなく、CVに繋がるキーワード選定が必要ですので、検索ボリュームが少ないだけの指標に囚われないようにしましょう!

記事タイトル、見出し、強調タグ、コンテンツ内容がSEOキーワードと整合性が取れているか確認、修正

すごく訴求力のあるキャッチコピーをタイトルに設定しても、記事の内容がタイトルにマッチしていなければ、SEO以前にユーザーに対して誇大的なコピーとなってしまいます。

そう言ったすれ違いを避けるために記事のタイトル、各見出し、強調するキーワードなどの整合性はかり、記事を作成する必要があります。

特にリライトでは、アクセス数はあるが直帰率や離脱率が多い場合はタイトルの見直しやコンテンツの修正が必要になります。

記事作成後はAnalyticsやSearchConsoleでユーザーの動向を注視しましょう。必要であればヒートマップなどのツールも用いてユーザーの行動などを分析するとより効果的にリライトすることができます。

上位されているサイトの傾向を見ながら、作成した記事の内容が検索意図に沿ったコンテンツ内容になっているか確認、修正

これも先ほど同様誇大コピーになってしまうとSEO以前にユーザーを騙す記事になってしまいます。あくまでも訴求できるキャッチコピーをしっかりと内容に盛り込み、検索キーワードに対する、コンテンツ記事を作成することが大切です。

まずは他社分析も忘れず、上位表示されているサイトの内容を確認し、自社に足りないものや優っているものを把握するこもと大切です。

ここで重要ポイント!

上位5サイトの内容を把握し、その内容を網羅した記事の作成も有効とされています。1位のサイトに掲載されている情報、2位のサイトには掲載されているが3胃のサイトには掲載されていない情報などさまざまです。

それらを把握し、すべて盛り込んだ記事に作成してみるのはいかがでしょうか?

現在サイトの見出しを全て吐き出すことができるツールも存在し、サイトを一つずつ確認せずにどのような見出し構成で記事を作成しているのか簡単に確認することができます。競合上位サイトの動向も注視しながらSEO対策・リライトを実施しましょう!

低品質記事=検索流入が少ない記事でもある

Googleは低品質な記事は上位に表示されず検索にもかからないことを明言しています。つまり低品質な記事=検索の流入がないことにも繋がります。

低品質記事の定義

では一体低品質とはどのようなことなのでしょうか。

  • 文字数が極端に少ない記事
  • ワードサラダ記事
  • スパム記事
  • 対策キーワードをただ羅列した文字数稼ぎの記事

などがあげられます。

※ワードサラダとは

ワードサラダとは、迷惑メールや検索エンジンの検索結果などで見られる、文法的には正しくても意味が支離滅裂な文章のことです。

では反対に高品質な記事とはどのような記事なのか確認しておきましょう。

高品質記事の定義

  • 問題解決ができる
  • 記事の内容が明確
  • 目次などがあり一目でどのような内容か確認することができる
  • 画像や装飾が適度に配置されており、ユーザーが見やすい内容になっている

などが高品質としてあげることができる内容になります。高品質な記事を量産することにより、サイト自体が評価され作成した記事がすぐにインデックスされ、検索にもかかりやすい状態になります。

初めから高品質な記事を作成することは難しいですが、低品質の項目にふれない記事を作成し、リライトを繰り返すことが重要となります。

クローラビリティとユーザービリティを向上させることが上位化を目指すポイントとなります。

クローラビリティとは

クローラビリティとは、 Googlebot(クローラー)がインターネット上のリンクを辿ってWebページを検出するときの、Webページの見つけやすさ/認識のしやすさ(クロールのしやすさ)のことです。

クローラビリティとユーザービリティを意識するだけで記事の質は上がり、結果サイト自体も評価されそれがSEOとして対策することになります。

まとめ

SEO対策の要となるリライトはクローラビリティとユーザービリティを意識し、検索意図に対して問題解決の記事を作成することが重要となります。

その際、記事タイトルやディスクリプション、見出し、強調タグなどもユーザービリティを少し意識するだけで非常に効果的なSEO対策となることは間違いないでしょう。

まずは記事を作成し、公開からアクセスの状況などを判断し、リライトが必要な記事に対して対策を行っていくことです。

以上、今回は【ウェブ集客の要】SEO対策、リライトに関しての必要事項についてでした。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談