経済産業省認定 Smart SME Supporter 第22号-22040006
tel.050-3558-5864 営業時間/8:00~20:00  定休日/日曜日

SEO対策の注意点!やりがちな失敗やペナルティを受けてしまう原因などを解説します。お知らせ

SEO対策の注意点!やりがちな失敗やペナルティを受けてしまう原因などを解説します。

SEO対策とはユーザーがキーワードで検索した際、自社サイトやコンテンツを検索結果の上位に表示させるために行う施策です。Webマーケティングを実施する会社にとって、必要不可欠な施策のひとつといえます。

SEO対策を進める際は、方法やコツといった情報だけでなく、注意点についても知ることが大切です。本記事ではSEO対策の失敗やペナルティを防ぐために、事前に知っておくべき注意点を解説します。

SEO対策の注意点をおさえるべき理由

SEO対策の注意点をおさえるべき主な理由は以下の2点です。

  • 理解を深めるには、メリットなどプラスの情報だけでは足りないから
  • 誤ったSEO対策による無駄や損失のリスクを減らすためにも大切

上記内容について、それぞれ詳しく解説します。

理解を深めるには、メリットなどプラスの情報だけでは足りないから

注意点をおさえるべき理由のひとつが、SEO対策に関する理解を深めるには、メリットなどプラスの情報だけでは足りないからです。良い面だけを知ってSEO対策を進めようとすると、思うような効果が出ないだけでなく、トラブルに直面してしまう恐れがあります。

たとえばSEO対策の場合、「検索結果からの流入を増加できる可能性が高い」点が大きなメリットのひとつです。しかし後述するように「効果が出るまでに時間がかかる」という面もあります。プラスの情報である前者の知識しかないと、思うような効果が出ないとして、すぐに施策をやめてしまう恐れが大きくなるのです。

マイナスの情報を知っていれば、トラブルを避けるための対策や、なるべくプラスの方向に持っていくような進め方がしやすいです。一面だけの理解ではなく、全体的な理解を深めるために、注意点もおさえる必要があります。

誤ったSEO対策による無駄や損失のリスクを減らすためにも大切

誤った方法による無駄や損失のリスクを減らすためにも、SEOの注意点に関する知識・理解が大切です。

先ほども紹介したように、SEOは効果が出るまでに時間がかかる施策です。その事実を知らないでいると、短期的な効果を狙った施策を行なってしまう恐れがあります。もっと時間をかけるべきなのに施策をすぐに変えてしまう、必要以上にコストを費やしてしまうなどの例が考えられます。

情報不足や理解不足は、無駄・損失の原因となり得る要素です。リスクを最小限におさえるという意味でも、注意点に関して深く理解する必要があります。

SEO対策に関する具体的な注意点

SEO対策に関する注意点として、今回は以下の6つを取り上げました。

  • 効果が出るまでには時間がかかる
  • 量と質の両方が必要
  • ペナルティの対象となる行為は厳禁
  • 内部施策と外部施策の両方が必要
  • 定期的な分析やアップデートで変化に対応する
  • 目的を見失わず軸をしっかり保つ

いずれもSEO対策を成功させるため、そして失敗を防ぐために大切な要素です。

効果が出るまでには時間がかかる

先ほども少し紹介しましたが、SEOは効果が出るまでに時間がかかる施策です。短期的な効果を目的とせず、長期的な視点を持ったうえで進める必要があります。

SEO対策を新たに始める場合、効果が出るまでに最低でも4ヶ月はかかります。一般的には半年以上といわれており、1年続けてようやく効果が出るケースも珍しくありません。これまでにある程度SEO対策を進めてきた場合でも、本腰を入れてから大きな効果が出るまでに1ヶ月は必要です。

短期的な効果を期待すると、正しい方法で施策を進めているにもかかわらず、意味がないと判断し止めてしまう恐れがあります。長期的に続けるためのリソースが足りなくなるリスクも高いです。

SEO対策は、効果が出るまでに時間がかかることをおさえたうえで進める必要があります。

量と質の両方が必要

SEO対策を成功させるには、コンテンツの量と質、両方において高いレベルが必要です。どちらかだけを重点的に対策しても、大きな成功にはつながりません。

検索エンジンに評価されるサイトになるためには、サイト内のコンテンツが充実している必要があります。それぞれのコンテンツも短くし過ぎず、ある程度の文字数が求められます。SEOを進めるにあたって、コンテンツの数や文字数の多さは大前提です。

しかしコンテンツなどの量が多くても、質(内容)が悪ければ、大きな効果は期待できません。同じことを繰り返しているだけのページや、サイト内で重複しているコンテンツなどは、むしろ評価を下げてしまう恐れがあります。

文字数自体が多くても中身がなく情報が少ない場合も、ユーザーのニーズを満たせるコンテンツではないと判断されてしまいあす。

SEO対策を効果的に進めるには、コンテンツの数を増やしつつ、高い質も実現・維持することが大切です。

ペナルティの対象となる行為は厳禁

ペナルティの対象となる行為は、SEO対策において厳禁です。評価が下がってしまうのはもちろん、悪質と判断されると、検索結果に表示されなくなるケースもあります。

ペナルティの原因として、以下の例があげられます。

  • 容が重複したコンテンツ
  • 他コンテンツのコピー
  • 不正なプログラムなどにより生成されたコンテンツ
  • 不自然・無関係な被リンク

このほかにも、Googleガイドラインに違反する行為は、ペナルティのリスクが高いです。

そしてペナルティの対象になるのは、悪意による違反行為に限りません。意図せず内容が似てしまったコンテンツも、ペナルティとみなされるケースがあります。

Googleによるペナルティ判定の基準を事前に知っておかないと、知らず知らずのうちに評価を下げる行為をしてしまうリスクが高いです。ペナルティとなり得る要因をおさえ、そのうえでSEO対策を行いましょう。

内部施策と外部施策の両方が必要

SEOは内部施策と外部施策の両方が必要です。

内部施策とはWebサイトやコンテンツの質を高めることを目的とした施策です。具体的な進め方として、以下の例があげられます。

  • コンテンツを増やす、内容の質を高める
  • HTML最適化やサイトマップの作製など、ユーザーやクローラーにとって使いやすいサイトにする
  • コンテンツタイトルに対策キーワードを入れる

外部施策は関連性の高いサイトからの被リンクを集めることを目的とした施策です。検索エンジンは「多くの被リンクを獲得しているサイト=高く評価されているサイト」と判断します。そのため被リンクを集めることは、検索エンジンからの評価向上につながります。

なお大切なのは、関連性の高いサイトからの被リンクという点です。まったく関係のないサイトからの被リンクは、不自然な被リンクとみなされ逆効果になる恐れがあります。

優先順位としては内部施策の方が高いため、先にWebサイトやコンテンツの質を高める施策を行いましょう。しかし外部施策も有効な手段ではあるため、両方をバランス良く進めるのが理想です。

定期的な分析やアップデートで変化に対応する

SEO対策は一度実施したら終わりというものではありません。定期的な分析・アップデート、そして変化への対応が必要です。

一言でSEO対策といっても、さまざまな方法が存在します。そして効果的な方法や必要な対策の内容は、サイトの状況・SEOの目的などによって異なります。自社に合わない方法を続けても効果は期待できないため、定期的に分析し、今のSEO対策が適しているか確認が必要です。

コンテンツ内容のアップデートも欠かせません。当時は正しい・有用な情報であったとしても、時の流れによって古い情報になってしまうケースがあります。古い情報を新しいものに直すなど、定期的なアップデートにより、時代に合っているコンテンツを維持することも大切です。

目的を見失わず軸をしっかり保つ

SEOはあくまで手段であり、最終的なゴールではありません。サイトを運営する目的を忘れず、常に軸を保ってサイト運営を行う必要があります。

サイトを運営する目的として、認知度向上・売上アップ・会員獲得などさまざまな例があげられます。SEO対策による集客がゴールになってしまうと、これらの目的につなげられず、ただアクセス数が伸びるだけで終わってしまうリスクが高いです。

アクセス数がなければ目的達成できませんが、アクセス増加で満足してしまうのも意味が薄くなってしまいます。サイトを運営する目的を見失わず軸をしっかり保つことで、SEO対策によるアクセス数の増加を、最終的なゴールに上手くつなげられるようになります。

効果的なSEO対策には外部への依頼も効果的

これまで紹介したように、SEO対策を進める際に注意するべきポイントは少なくありません。効果的なSEO対策のためには、さまざまな情報を知る必要があります。しかし事業に関するコア業務があるなかで、SEO対策のために入念な情報収集を行うのは困難です。

SEO対策を自社ですべて対応するのではなく、制作会社などSEOのプロに依頼するのも有力な方法です。SEOに関する正しい情報や豊富なノウハウを活用することで、効果的なSEOが期待できます。自社におけるSEOの負担は最小限に済むため、リソースを割く必要がありません。

自社での実施にこだわらず、外部への依頼を検討してはいかがでしょうか。

まとめ

SEOはWebマーケティングで必須といえる施策ですが、実施にあたってさまざまな注意点が存在します。正しく効果的な方法を行うには、SEOのメリットやプラスとなる要素だけでなく、注意点についても理解が必要です。

自社でSEOを行う際は、今回紹介した注意点もおさえる必要があります。また自社のリソースを最小限にSEOを行う方法として、外部のプロに依頼するのも効果的です。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心に全国企業のホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページの制作するだけではなく、ホームページ制作後のSEO対策・集客・運用に力を入れています。更には、表示速度やレスポンシブ対応・ユーザビリティの向上など常にユーザー目線のUI/UXを考え、Webを通して成果や効果を実感・体感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談

;