SEO対策で集客力を高める理由とは?メディアの違いを意識することが重要福岡 SEO対策

SEO対策で集客力を高める理由とは?メディアの違いを意識することが重要

企業のホームページやメディア運営を担当している方の多くが、「HPをつくったのに、問い合わせがこない」、「集客のために何をすればいいか分からない」、「何年も前からサイトはあるけど、放置してしまっている」などの悩みを持ちます。

自社サイトの運用が適切に行えていない状況が続くと運用予算も減り、さらに集客が難しくなる負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。そこで今回は、「SEO対策と集客」について解説します。

ホームページでの集客に困った際の参考にしましょう。

SEO対策が集客力を上げる理由

SEO対策の取り組みをするとき、着実に集客力を高めることができます。まずはその理由について解説します。

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略です。

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!などの代表的なものがあります。ネットから知りたいことに適したものを探し出してくれる仕組みです。SEO対策では、その検索エンジンがサイトを見つけやすくすることを指します。

検索エンジンからの顧客流入を見込める

近年、さまざまな年代層の人が、「Google」を始めとした検索エンジンを用いて捜し物やネットサーフィンをする時代です。

自社サービスを知らない顧客であっても、自社サイトが検索上位に表示されたら、そのサイトへのアクセスを多く見込めるでしょう。このように、検索エンジンからの顧客流入を見込めることがSEO対策の強みです。

さまざまなブラウザ利用者を集客する

SEO対策は、利用者のブラウザにかかわらず効果を発揮します。

例えば、雑誌に広告を出しても、その雑誌を読んだ人しか見ていません。しかし、SEO対策の場合はブラウザの違い(利用層)に影響されないため、利用者のネット環境に左右されずに集客することが可能です。幅広いユーザーに対してリーチが見込めるのも、SEO対策の強みといえるでしょう。

キーワード選定によってコンバージョンしやすい集客を実現できる

SEO対策をしていくうえで、キーワード選定は欠かせません。例えば「札幌の旅館」をPRしたいのに、別の「釧路」旅館を探している人にターゲットとしてリーチしても意味がないからです。

逆にキーワード選定をしっかりと行い、自社サービスを求めている潜在顧客にピンポイントでアプローチできれば、コンバージョンしやすい集客を実現できます。

SEO対策の検索エンジン上位とリスティング広告の集客の違い

SEO対策とリスティング広告では、集客手法として大きな違いがあります。

即効性という観点では、検索エンジン上位を目指すSEO対策は時間がかかるため、リスティング広告の方が優れています。一方で、近頃は広告をクリックしたくないユーザーも増えていることから、着実にアクセスを稼ぎたい、クリック率を上げたいという場合はSEO対策が有効です。

検索エンジン上位にするとなぜ集客できる?

SISTRIX社の調査によると、Google検索で1位に表示されるページのクリック率は約30%、2位は約16%、3位が約11%であることが分かっています。7位以降のクリック率は5%を切っており、ある検索ワードに対して上位表示された方がクリック率が高く、集客もしやすいのです。

リスティング広告の集客の仕組み

リスティング広告は、検索エンジンの運営会社に報酬を支払って検索結果に広告を掲載するシステムのことです。

検索結果の上部に表示されるため多くの人に見てもらいやすく、また、掲載申請さえすればすぐにでも上位表示に隣接した上部や画面サイドに位置される即効性があります。期間限定のキャンペーンなどの場合は、リスティング広告が向いているでしょう。

検索エンジン上位とリスティング広告はどちらが集客力に優れている?

集客力という観点では、検索エンジン上位の方が優れています。

リスティング広告は継続的にコストがかかるうえ、掲載を終了すればアクセスが稼げなくなるケースがほとんどです。一方、検索エンジン上位であれば、時間はかかるけれど、上位表示し続ければ継続してアクセスが期待できます。

それにリスティング広告よりも低コストで運用ができるため、費用対効果の面から考えて、高い集客力が見込めるのです。

自社のコンテンツに合った媒体を選ぶ

一口に「サイト」といっても、その種類は数多くあります。自社コンテンツに合った媒体選びも、SEO対策による集客をするうえで欠かせません。

ホームページ

会社概要や採用情報などを載せたサイトです。自社のことを紹介するのが主な役割で、サービス利用者だけでなく、投資家や求職者など様々なユーザーの閲覧を想定してつくります。

まず会社の顔となるサイトが欲しい場合は、ホームページを作成することです。いわゆるコーポレートサイトとも呼ばれます。

ECサイト

ECサイトでは、一般的に「楽天」や「amazon」などの通販サイトを指します。

商品を売買する機能はもちろん、取り扱い商品を一括検索でき、レビューを見たりしながら商品を比較できるのも特徴です。大手ECサイトは検索エンジンでも上位表示されやすく、まだ小規模な物販事業者はECサイトを利用するのも選択肢の一つです。

ブログ

ブログサイトの基本は、日記や意見・情報の発信に用いられることです。

ブログは企業だけでなく一般人・芸能人なども利用することから、よりユーザーに近い目線で情報を発信できるといえます。自社サービスに関連する情報の発信や、日々の業務の様子を発信するなど、企業や社員へのファンを増やすのに適しています。特にオウンドメディアは、熱狂的なファンを増やすのにブログが効果的です。

ポータルサイト

ポータルは「入り口」の意味で他のWebサイトへの経由元となるサイトを指します。

Yahoo!ニュースやYahoo!ショッピング、ヤフオクなどの入り口となっているニュースサイトや不動情報を集めたジャンル特化型サイト、さまざまな飲食店情報を掲載している口コミサイト・掲示板などがポータルサイトにあたります。集客しやすいサービスがポータルサイトが適しているかも大事な要素です。

(狭義の)オウンドメディア

オウンド(Owed)は「所有する」という意味で、狭義では自社が運営するブログやウェブマガジンなどを指します。

自社が扱う商品に関するあらゆる情報を発信できるため、幅広いテーマを扱いやすいのです。また、商品やサービスに関する開発者の考えや思いなども発信できるため、自社のファンを獲得したり既存ファンとの関係を持続して、売上向上やリピーター確保も見込めるなどの効果が期待できます。

SEO対策は集客がカギ

自社サイトに見込み顧客を呼び込むためには、SEO対策を施して集客力を高めることが効率的です。

しかし、SEO対策を施すサイトの種類によっては適さないなど、自社サービスとの兼ね合いなどの問題があります。そのため、自社にあったサイトを構築して運用することで、SEO対策で得られる集客効果をさらに高めましょう。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心にホームページの制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。また、SEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考え、Webを通して成果や効果を実感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談