3秒以上のページ読み込み時間がかかると半数以上の買い物客が離脱する可能性が。福岡 SEO対策

3秒以上のページ読み込み時間がかかると半数以上の買い物客が離脱する可能性が。

ECサイトでサイトの読み込みが3秒以上になると、半数以上の買い物客が離脱するという調査結果がでています。(2021年Eコマースのトレンド調査)

もちろんこれは通常のウェブサイトにも共通する内容になり、サイトの表示が遅いと全てに悪い影響があると言えるでしょう。

2021年Eコマースのトレンド調査

2021年Eコマースのトレンド調査は以下のように発表しています。

サイトの速度の問題:ほとんどの回答者は、読み込みに3秒以上かかると、買い物客の50%以上がサイトを離れることに気づいていませんでした。

また、2021年Eコマースのトレンド調査は以下のようにも述べています。

パンデミックがeコマースに与える影響:パンデミックの最中にオンラインショッピングが急速に増加しているため、小売業者の91%が来年にデジタル戦略を変更しています。

昨年から続いている新型コロナウイルスの影響でECサイトの需要が急速に加速しており、小売業者の約9割がオンラインショッピングを実行しているというデータも出ています。

今後のショッピングサイトについて

ウェブ制作を10年以上行う私が考える、今後のショッピングサイトは、ずばり

とりあえず制作したECサイトの運用や売れる為の施策を実施する需要が非常に増えることです。

先ほど説明した通り、小売業者の約9割がオンラインショッピングを実行している内容ですが、これはとりあえずECサイトを制作し、売れる為の場所を作った小売業者がほとんどだと思います。

ECサイトはもちろん、ウェブサイトは作っただけでは思ったような成果や効果は出ません。

今年からは現在作っている、ECサイトをいかに売れるようにするのか、どうしたら売れるのかを考えてくれる、実行してくれるというのが重要となることは間違いありません。

そのうえで、冒頭でも説明した、ECサイトの読み込みが3秒以上などの対策をできることも大切です。ではECサイトでのサイト読み込みを早くするにはどのようにしたら良いのか簡単に解説していきます。

引用:2021年Eコマースのトレンド調査

Googleのpagespeed insightsを活用しよう!

Googleが提供しているウェブサイトの速度をはかるツールになります(無料)

Googleのpagespeed insightsを活用

 

ウェブページのURLを入力という部分に調査したいサイトのURLを入力して「分析」をクリックするだけでサイトの速度を図ることができます。

 

Googleのpagespeed insightsを活用

当サイトで調査した結果が上記のスクリーンショットになります。サイトの点数が表示され、Googleが指標とするテストの合格していますとなっています。

speedの結果

Googleが定めるサイトの速度基準

  • 最大のコンテンツフルペイント(LCP):読み込みパフォーマンスを測定します。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、ページの読み込みを開始してから2.5秒以内にLCPを実行する必要があります。
  • First Input Delay(FID:双方向性を測定します。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、ページのFIDが100ミリ秒未満である必要があります。
  • 累積レイアウトシフト(CLS):視覚的な安定性を測定します。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、ページでCLSを0.1未満に維持する必要があり ます。

Web Vitals

修正の部分や改善箇所もしっかりと明示されている

修正の部分や改善箇所もしっかりと明示されている

修正の部分や改善箇所もしっかりと明示されている

もちろん合格部分も。

改善提案

これらを一つひとつ改善・修正することでサイトの速度を適切な表示速度に改善することができます。

Eコマーストレンド調査は

速度=収益:ブランドの70%は、サイトのパフォーマンスが速いほどコンバージョン率が高くなることに同意しています。

ということも発表しており、速度が速くなればそれが収益に結び付くと考えることができるでしょう。

まとめ

サイトの速度がそのまま売上に直結するECサイト。いかにサイトの表示速度を上げ、ユーザーの利便性を良くしていくかが今後の対策として重要になることは間違いありません。

また、3秒という秒数も重要で、人は初めて訪れたサイトを3秒以内で把握し、自分が求めているサイトなのか3秒で判断すると言われています。その3秒をどのようにいかし、どのように活用するのかも重要になります。

まずはGoogleのpagespeed insightsで自社のサイトを確認し、影響が出ている部分を改善することから始めてみましょう。

以上、今回は3秒以上のページ読み込み時間がかかると半数以上の買い物客が離脱する可能性が。についてでした。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談