経済産業省認定 Smart SME Supporter 第22号-22040006
tel.050-3558-5864 営業時間/8:00~20:00  定休日/日曜日

これで検索上位表示!SEOで重要!キーワードの入れ方や注意点を解説しますお知らせ

これで検索上位表示!SEOで重要!キーワードの入れ方や注意点を解説します

SEO施策において、キーワードはもっとも基礎的かつ重要な部分です。対策キーワードを選ぶだけでなく、コンテンツ内におけるキーワードの入れ方も熟知する必要があります。

本記事ではSEOにおけるキーワードの入れ方について解説します。キーワードの使い方が重要な理由や入れるべき場所、注意点などを取り上げました。

SEOでキーワードの使い方が重要な理由とは

SEOでキーワードの使い方が重要な理由として、大きく以下の2つがあげられます。

  • 検索エンジンがキーワードを重要視しているから
  • ユーザーからのアクセスを促すためにも必要

理由についてそれぞれ詳しく解説します。

検索エンジンがキーワードを重要視しているから

キーワードの入れ方が重要な理由のひとつが、検索エンジンがキーワードを重要視しているからです。GoogleはGoogle 検索セントラル内で、上級者向けSEOとして以下の内容を発表しています。

(「Google がページを理解できるよう手助けする」のひとつとして)

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

[引用|Google 検索セントラル「ウェブマスター向けガイドライン」]

検索結果へのインデックスや上位表示のためには、Googleに該当ページとキーワードの関連性が深いと判断してもらう必要があります。そしてGoogleは、ページ内にキーワードを上手く入れた状態が、Googleがページを理解する助けになると明言しているのです。

SEOは検索エンジンでの上位表示を目的として行う施策です。そのため、Google側が重要と明言しているキーワードの使い方については、特に意識的な対策が求められます。

ユーザーからのアクセスを促すためにも必要

キーワードの入れ方が重要なのは、検索エンジンのシステム的な理由だけではありません。ユーザーからのアクセスを促すためにも、キーワードを効果的に活用する必要があります。

ユーザーはキーワードで検索したあと、検索結果に表示されたなかから、どのページにアクセスするかを判断します。アクセスの判断にあたって、タイトルやメタディスクリプションが非常に重要です。

ユーザーはタイトルやメタディスクリプションを確認し、自身のニーズを満たせそうか否かを推測したうえで、アクセスを判断します。すなわち該当箇所にキーワードが入っていれば、自身の検索意図に関係する内容が記載されていると考えるのです。

ユーザーのアクセスを促すためにも、タイトルやメタディスクリプションなど、目立つ位置にキーワードを入れることが大切です。

SEOとキーワードが深く関係する箇所とは

Webページは以下のように、複数の要素によって構成されています。

  • タイトル
  • 見出し
  • 本文
  • メタディスクリプション

それぞれ役割が異なるため、キーワードの入れ方における注意点も要素ごとに確認が必要です。詳しく解説します。

タイトル

タイトルは検索結果においてページ名として表示される部分です。

GoogleはHTMLタグの内容をもとに、サイト内の各要素や内容などを判断します。Googleにページ名を認識させるには、タイトルを表すための「タイトルタグ」を用いる必要があります。タイトルはページ内で扱う内容を端的に表現するもののため、タイトル内にキーワードの活用は必須です。

よりユーザーの目に入りやすいよう、タイトルの頭(左側)にキーワードを使うのが効果的です。

タイトルタグと混同されやすいタグとして、H1タグがあげられます。H1タグもページタイトルと似た性質を持ちますが、あくまで見出しタグのひとつです。タイトルタグで指定した内容は、検索結果におけるページ名や、ページを開いたときのタブ名として表示されます。一方でH1タグは、Webページにおけるもっとも大きな見出しとして扱われます。

検索エンジンやユーザーに正しくページタイトルを伝えるため、タイトルタグとH1タグの違いの理解や使い分けが大切です。

見出し

見出しは本文中で扱う内容を端的に表現したものです。ページ内にどのような情報が乗っているかの判断に役立つため、わかりやすい見出しが求められます。

見出し内にもキーワードの活用が必要です。見出しは本文の内容を示すものであるため、見出し内にキーワードや求める情報が載っていなければ、自身のニーズを満たせないと判断されてしまう恐れがあります。検索エンジンにより、キーワードとの関連性が浅いと判断されるリスクも高いです。

見出しのなかでも、特にH2見出しにキーワードを入れることが大切です。一方でH3見出しは、わかりやすさの向上や情報の整理という意味合いが強いため、無理にキーワードを入れなくても問題ありません。

H2見出しは自然な範囲でキーワードを入れる、H3見出しはわかりやすさを重視するのが効果的です。

本文

本文はページにおけるメインとなる部分です。キーワードと関連性の深い内容であると示すために、キーワードを可能な限り入れる必要があります。

本文においては、キーワードを入れるべき場所が存在するわけではありません。本文全体でのキーワード出現率が重要です。全体を通してキーワードが多く使われていれば、キーワードとページ内容の関連性が深いと判断され、検索エンジンからの高評価につながります。

本文内のキーワード活用は、ユーザーに対してより、検索エンジンへのアピールという意味合いが強いです。

なお詳しくは後述しますが、キーワードの出現率を高めようとするあまり、不自然にキーワードを入れるのは逆効果の恐れが大きいです。キーワードの入れ方によっては、SEO効果を得られるどころか、ペナルティの対象となるケースもあります。

メタディスクリプション

メタディスクリプションは、検索結果において、ページタイトルの下に表示される説明文です。ページ内でどのような内容を扱っているかを端的に表します。

検索エンジンはメタディスクリプションから、ページ内容を大まかに判断します。検索エンジンにページ情報を正しく伝えるためには、メタディスクリプション内におけるキーワードの活用が必要不可欠です。

またユーザーも、メタディスクリプションから、ページ内容の確認を行います。タイトル・メタディスクリプションから、自身が求める情報が掲載されているだろうと判断したページにアクセスします。検索意図を満たせるとアピールするためにも、キーワードの使い方が重要です。

メタディスクリプションとタイトルと同様、キーワードを頭の方に入れて目立たせるのが効果的です。

SEOにおけるキーワード入れ方の注意点

SEOにおいて、キーワードの活用は重要な要素だと紹介しました。しかしやみくもにキーワードを使えば良いわけではありません。SEOにおけるキーワード入れ方として、以下の注意点をおさえる必要があります。

  • キーワードはわかりやすい位置に入れる
  • 不自然にならないよう注意する
  • コンテンツの質が何よりも大切

注意点について、それぞれ詳しく解説します。

キーワードはわかりやすい位置に入れる

ユーザーに対して効果的にアピールするために、キーワードはわかりやすい位置に入れることが大切です。

検索エンジンはキーワードの有無や出現率を重視するため、キーワードの位置についてはそれほど関係ありません。SEO目的で検索エンジンに対するアプローチという意味では、キーワードを活用さえすれば効果が得られるといえます。

一方でユーザーの場合、キーワードが目に入らなければ、キーワードを使っていると認識してもらえません。仮にキーワードの存在を認識してもらえても、インパクトが弱い場合、キーワードとページ内容の関連性が浅いと判断されてしまいます。キーワードの入れ方によって、アクセスの有無が左右されるケースは多いです。

検索結果に表示されるのは、タイトルとメタディスクリプションです。この2箇所についてはキーワードをなるべく最初のほうに入れ、確実に見てもらう必要があります。

不自然にならないよう注意する

キーワードの活用や出現率の高さが大切とはいえ、不自然な使い方にならないよう注意が必要です。

キーワードの出現率自体は高いものの、ページの内容が薄い場合、ユーザーにとって有益なコンテンツとはいえません。たとえユーザーのアクセスを得られても、すぐに離脱されてしまう、悪印象につながるなどの恐れがあります。

またあまりにも不自然な使い方では、スパムとして認定される可能性もゼロではありません。評価がマイナスになり、検索順位が落ちてしまいます。あまりにも悪質と判断されると、ペナルティとしてインデックス削除になるケースもあります。

SEO効果を得るためには、キーワードを適切に活用し、不自然な入れ方にならないよう注意が必要です。

コンテンツの質が何よりも大切

キーワードの入れ方はSEO効果を左右する要素であり、SEO施策で重要な意味合いを持ちます、しかしSEOでもっとも大切なのは、キーワードの入れ方ではなく、コンテンツの質です。

コンテンツの質が悪ければ、本当の意味での高評価は得られません。キーワードで検索したユーザーのニーズを満たせるような、質が高く情報量が豊富なコンテンツを制作する必要があります。

キーワードの入れ方が評価に影響するのは、コンテンツの質が高いという前提あってのことです。SEOはコンテンツの質ありきという事実を忘れずにしましょう。

まとめ

SEO効果は、コンテンツにおけるキーワードの入れ方によっても左右されます。ページを構成するタイトル・見出し・本文・メタディスクリプションそれぞれにおけるキーワードの入れ方をおさえ、適切に活用することが大切です。

ただしやみくもにキーワードを入れれば良いわけではありません。キーワードを入れる位置や自然な入れ方、そして高品質なコンテンツを制作するなど、注意点をおさえたうえでの施策が求められます。

キーワードの入れ方に関するポイントをおさえ、より効果的なSEO施策を行いましょう。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心に全国企業のホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページの制作するだけではなく、ホームページ制作後のSEO対策・集客・運用に力を入れています。更には、表示速度やレスポンシブ対応・ユーザビリティの向上など常にユーザー目線のUI/UXを考え、Webを通して成果や効果を実感・体感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談

;