SEO対策に必要な段落(h1,h2,H3)について福岡 SEO対策

SEO対策に必要な段落(h1,h2,H3)について

記事作成にコンテンツ内のメリハリをつけるためにはタイトルの設定が必要不可欠です。それに応じて段落(h1,h2,H3)と言われる設定も必要であり、SEO対策を施した簡単な例をご紹介したいと思います。

まず、記事を作成する前に記事の構成を考えることをおすすめします。記事のタイトルを決め、次に記事内の重要項目を洗い出します。

今回の記事で説明を行います。

SEO対策に必要な段落の設定

記事1つに対しh1は一つと決まっているので、上記タイトルはh2の段落を設定しています。おそらくホームページの設定にもよりますが、h1の段落は記事のタイトルに設定されるようになっています。

段落h2の役割

少しややこしいですが、上記タイトルはh3の段落を設定しています。「段落h2の役割」の親が「SEO対策に必要な段落の設定」という構造です。親と子、さらには親から見た孫のような関係です。もちろん子供何人いても良いので「SEO対策に必要な段落の設定」に関係する項目は「段落h2の役割」に続いてh3の段落で設定を行いましょう。

h2,h3,h4,h5どこまで設定したら良い

段落の設定ですが、記事の文字数が多くなればなるほど段落を分けた方が良いでしょう。

なぜSEO対策には段落が必要

Googleのアルゴリズムもそうですが、文章は人間が読むものです。常にわかりやすくすることが求められるため、段落の設定が必要になります。また重要視するキーワードを段落に盛り込むことでSEO対策的にも効果があると言われています。

しかし、無理にキーワードを盛り込みすぎると何が言いたいかわからなくなる為、本質は伝えたいこと、言いたいことを段落に盛り込むようにしましょう。

適度に設定する段落がSEO対策に最適

タイトルにもある通り、段落をたくさん設定すれば良いわけではありません。あくまでもユーザー目線で、わかりやすい構造にすることが目的です。文字数や記事の構成に応じた段落が必要で、過度な段落設定はSEO的にもマイナスになってしまいますので、注意が必要です。

段落にデザインは必要なのか

これに関しては、どちらでも問題ありません。過度なデザインをすることでSEOが下がるわけではありませんが、ユーザー目線からいくとある程度シンプルで、それぞれの段落が分かりやすくなっていれば良いと思います。

最近ではシンプルなデザインが多く、文字の大きさや太さによってメリハリをつけているホームページもあるので、自社のホームページに合ったデザインで良いでしょう。

SEO対策に必要な段落(h1,h2,H3)についてのまとめ

今回はSEO対策に必要不可欠な段落について説明しました。一概にどのくらいの段落を設定したら良いかということは示されていない為、とにかく記事を作成し、検索順位を確認することが一番のSEO対策になります。

また、記事作成後はアクセスの状況や検索の順位などを確認しつつリライトでPDCAを行うことが大切になります。一度記事を作成してそのまま放置では情報が古くなってしまう為、記事作成からある程度の時間が経ったところで見直しすることをおすすめします。

以上、今回はSEO対策に必要な段落(h1,h2,H3)についての話しでした。

SEO対策・Web集客・サイト制作
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページの相談

ホームページ制作

福岡のホームページ制作会社
アルファ企画
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606