私たちはホームページの制作から運用で
お客様の収益・売上アップを支援します

経済産業省認定 Smart SME Supporter 第22号-22040006
tel.050-3558-5864 営業時間/8:00~20:00  定休日/日曜日

意味のないSEO対策とは?意味のあるSEO対策と合わせて紹介お知らせ

意味のないSEO対策とは?意味のあるSEO対策と合わせて紹介

意味のないSEO対策とは

SEO対策にも意味のないSEO対策があります。
では一体どのようなことが意味のないSEO対策なのでしょうか?

意味のないSEO対策に時間を浪費しないためにもぜひ一度記事をご覧いただき、意味のあるSEO対策を行っていきましょう。

SEO対策(検索エンジン最適化)とは

SEO対策(検索エンジン最適化)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において、
特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などコンテンツの内容をを配信・調整することです。

意味のない典型的なSEO対策

意味のない典型的なSEO対策

意味のないSEO対策は時間だを浪費してしまい、まったく検索に表示されることなく、ただただ時間を使うだけの本当に意味のないSEO対策になってしまいます。

プライベートをさらけ出す、ブログであればそれで問題ありませんが企業のウェブ担当などであれば人件費も使った上に全く効果がでないとなれば損失も大きくなるでしょう。

そういった意味のない典型的なSEO対策についてまずは紹介していきます。

日常を綴ったブログやプライベートの紹介

SEO意味のない第1位が日常を綴ったブログやプライベートの紹介です。本来上位表示を目指しているキーワード以外でのブログや記事はSEO対策として全く意味がありません。既存顧客に対してスタッフの日常やより交流を深める点では非常に効果的ですが、目的がSEO対策であればこれは全くもって意味がありません。

なぜなら、記事の内容が既存顧客向けになっているからです。SEO対策はキーワードの選定からターゲット層の選定、コンテンツの作成といったように市場調査からある程度の目的を重視した構成が必要になってくるからです。

今日何があったのか?どのようなことをしたのか?それらを知りたいと思う方は誰ですか?SEO対策の基本は問題解決です。サイトに訪れた方がそれらを読んで問題解決できるのでしょうか?解決できないと思います。ただただ更新の時間や写真を追加する手間だけがかかりこれこそ意味がありません。

検索意図を把握したキーワードからターゲット、コンテンツの作成をすることが意味のあるSEO対策です。

ただ文字を羅列したコンテンツ・記事の配信

昔よく対策されていたキーワードを多く利用すると上位表示されるを現在も行っていませんか?現在この対策は意味のないSEO対策でただただ文字を羅列するSEO対策はスパムサイトと認定される可能性があるためやめましょう。

もちろん対策するコンテンツにキーワードの比重は非常に重要です。ただそれは意味のある文章の中にキーワードが入っていることが重要で、ただキーワードを羅列したSEO対策はコンテンツとして成り立ちません。

キーワードを詰め込んだ記事を配信しているのであれば、即刻中止し意味のあるコンテンツを作成し意味のあるSEO対策を行いましょう。

画像中心のコンテンツ作成

コンテンツ内に文字がなく、画像だけで伝えているコンテンツ。SEO対策の基本は文書になります。もちろん画像にもaltやtitleがある為、まったく意味がないわけではありませんが、すべてを画像で伝えるのは意味のないSEO対策に近くなってしまいます。

画像はあくまでも補助的な役割と考え、文章で伝えることが難しい部分を画像で捕捉するととらえると意味のあるSEO対策になります。もちろん別の考え方もあり、画像メインに対し、文章で捕捉するSEO対策もあります。

ただ今回は画像だけを掲載したSEO対策を行ってる場合は文章も合わせて掲載するとより効果的なSEO対策になりますので是非改善されてみてはいかがでしょうか。

文章が極端に短いコンテンツ

SEO対策の基本は先ほどもお伝えした通り、ユーザーの問題を解決できるコンテンツを配信できているかどうかです。極端文章が短いコンテンツでユーザーの問題を解決できるでしょうか?

では極端に短いコンテンツとはいったいどのくらいのコンテンツを指すのでしょうか?それは300文字以下のコンテンツになります。最近のトレンドは1記事5000文字以上が主流となっており、多いものでは数万字にもおよびコンテンツが多数あふれかえっています。

その中で300文字以下のコンテンツを配信しユーザーの問題を解決することができるでしょうか?もちろん文字が多ければ良いと言うことではありませんが、極端に少ない場合はユーザーの滞在時間も非常に短くなってしまい魅力あるコンテンツとして認識されにくくなってしまいます。

※Googleのアルゴリズムはサイトの滞在時間も検索結果に反映しているのではないかと言われています。(弊社独自の見解)

結果、なぜならば、例えば、といったように順を追って説明をするだけで文章量は増えていきます。100文字の記事を100記事作成するより5000文字の記事を2記事作成する方が圧倒的にSEO対策としては効果的です。極端に短いコンテンツの見直しを図り統合できるコンテンツは統合して魅力あるコンテンツとして配信しましょう。

※ちなみにこの記事のここまでの文字数は約2000文字です

以上が典型的な意味のないSEO対策になります。もちろん例外もありますのであくまでも一例としてとらえて改善が必要かと思います。では反対に意味のあるSEO対策とは一体どのようなことなのでしょうか?

意味のある質の高いコンテンツ作成が重要

意味のある質の高いコンテンツ作成が重要

最近のSEO対策に重要視されていることは質の高いコンテンツの作成です。先ほどもお伝えした通り、「100文字の記事を100記事作成するより5000文字の記事を2記事作成する方」が圧倒的にSEO対策として評価されます。

なぜならユーザーの問題を解決できる可能性が高くなるからです。

よくある質問のQ&方式とは違ったコンテンツの作成であればなお、100文字ですべてを伝えることが非常に難しくなるでしょう。そういった観点でやはり評価されやすくなるコンテンツは100文字より5000文字となります。

もちろん例外もあり、キーワード群のあつまり語録集などのサイト規模になれば話は変わってきます。あくまでも一般的なサイトで例を例えるのであれば質の高いコンテンツ作成を目指すことが優先となります。

では質の高いコンテンツとは一体どのようなことなのでしょうか?

質の高いコンテンツとして認識される内容

  • 文章として成り立っている
  • キーワードの羅列だけではなく適切なキーワードの利用がされている
  • 文章だけではなく画像も挿入され見やすさがある
  • 画像だけではなく文章も挿入されている
  • サイトの表示速度が速い(閲覧までに5秒以上かかるはNG)
  • AIによる自動生成のコンテンツではない
  • 見出しや目次、装飾などが適切に対処されている
  • ユーザーの検索意図に応えている

  • EATを意識した記事内容

  • 一時情報の発信・最新情報(フレッシュネス)がある

  • 外部からのリンクがある

  • SNSからの流入や集客がある

以上の内容が質の高いコンテンツとして認識されます。もちろんこれらがすべてではありませんが、これらの内容を含むことでより質の高いコンテンツとして認識されるため、できるだけこれら情報を含んだコンテンツの作成を心掛けると良いでしょう。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は意味のないSEO対策と意味のあるSEO対策について解説させていただきました。意味のないコンテンツもSEO対策が目的でなければ意味がある対策となりますので、こちらの記事を読んで一概に意味のないSEO対策と判断する必要はありません。

SEO対策の目的を達成したい場合は、質の高いコンテンツ作りを行っていきましょう。

SEO対策は日々アルゴリズムのアップデートが行われている為、常に最新の情報を得ることが非常に大切になります。常に一次情報の取得と発信、Googleが公式で発表することの把握を行ってユーザーの問題を解決を行いましょう。

以上、今回は意味のないSEO対策と意味のあるSEO対策についての解説でした。

 

 

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心に全国企業のホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページの制作するだけではなく、ホームページ制作後のSEO対策・集客・運用に力を入れています。更には、表示速度やレスポンシブ対応・ユーザビリティの向上など常にユーザー目線のUI/UXを考え、Webを通して成果や効果を実感・体感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談

;