私たちはホームページの制作から運用で
お客様の収益・売上アップを支援します

経済産業省認定 Smart SME Supporter 第22号-22040006
tel.050-3558-5864 営業時間/8:00~20:00  定休日/日曜日

SEO対策を外注する際の注意点やポイントを解説!費用や相場の選定方法も解説します。お知らせ

SEO対策を外注する際の注意点やポイントを解説!費用や相場の選定方法も解説します。

SEO対策は、ホームページを運営する上で欠かせない重要な業務のひとつです。

しかし多くのリソースと専門的なノウハウを必要とするために、なかなか着手できていない事業者様も多いのではないでしょうか。自社に合った外注業者に業務を依頼すれば、自社のリソースが不足していても効率よくSEO対策を行えます。

この記事では、SEO対策の外注について、依頼できる業務内容やメリット・デメリット、外注費用の相場や業者選定時のポイントなど詳しく解説します。SEO対策の外注を検討する際の参考にしてください。

外注先が行うSEO対策の業務内容

SEO対策とひと言で言っても、その業務内容は多岐に渡ります。外注するためには「どの業務を外注できるのか」詳しく知る必要があるでしょう。外注先が行うSEO対策の業務内容は、主に4つのカテゴリーに分けられます。

分析・調査

SEO対策を行う際は、ホームぺージや運営する企業の分析・調査からスタートします。ただしホームページを見ただけでは、外注業者も「依頼者がどの部分を改善したいのか」についてはサイト構造などの表面的なことしか見えてきません。

ですので外注業者は、はじめに担当者を含めた関係社員に直接聞き取りを行います。聞き取りから「現在抱えている課題」や「SEO対策をすることで達成したい目標」などを把握し、その上でさらに分析と調査を行い、改善すべき点を洗い出していきます。

戦略立案・実行

「分析・調査」が終わったら次は「戦略・立案」です。外注業者は自社の持つノウハウを生かし、最も適した戦略をしてくれます。また依頼内容や業者によっては実際にアクションを実行してくれるところまで任せることも可能です。

対策キーワード選定・コンテンツの作成

依頼者のホームページに適した対策キーワードの選定やコンテンツの作成も、SEO対策を行う外注業者の業務内容です。適切なターゲットを狙うためにはキーワード選定やコンテンツの作成は重要なポイントのひとつです。ノウハウを豊富に持つ第三者ならではの視点を得られるのはSEO対策を外注するメリットでしょう。

レポート・分析・調査

戦略を実行した後のレポート作成・分析・調査も外注業者の業務のひとつです。SEOは日々状況が変化していくため、リアルタイムでの対策が必要不可欠です。実行した結果をまとめた資料は、次に生かすために重要な材料となる貴重な財産といえます。

SEO対策を外注するメリット・デメリット

外注を検討する前に、メリットやデメリットを押さえておきましょう。

メリット1:外部視点でホームページの改善に取り組める

内部の社員のみでホームページの改善に取り組んでいると、現在以上の改善点が見当たらなくなったり、似たり寄ったりの意見しか出てこなくなるなど、頓挫してしまうこともあるでしょう。SEO対策業者に外注し、外部の違った角度から見てもらうことで、見えなかった改善点が見えてくる可能性があります。

メリット2:基幹業務に集中できる

外注を上手に活用すれば、結果的に基幹業務へ集中できる環境が得られます。

最初は少人数で回っていた業務も、事業が拡大していくにつれて、社員一人あたりのリソース負担が増加している企業も少なくありません。しかし、ホームページを成長させ利益を獲得するためにはSEO対策は必要不可欠です。

SEO対策は多くのリソースを必要とする業務のひとつです。負担の大きいSEO対策業務を外部に任せれば、その分のリソースは他業務に割くことができます。実質の負担ゼロでSEO対策業務を回せるのは大きなメリットといえるでしょう。

デメリット1:コストがかかる

外部に業務を依頼するには、当然ですが相応のコストが発生します。SEO対策の外注は決して安い金額ではありません。また、業者によってサービス内容に対する費用にも差があります。

外注する際には、複数の業者を比較して検討するのが望ましいでしょう。また「どの部分をどれだけ外注するか」「SEO対策に費やせる費用はどのくらいか」など、事前に費用を自社で検討しておくことが大切です。

デメリット2:自社に知識・技術が残らない

内部にてSEO対策をしていれば、その過程で得たノウハウは自社のものになります。しかし外注してしまえば業務は全て業者が行うため、ノウハウは自社に残ることはありません。SEO対策の知識や技術を根本から得たい場合には、外注はあまり適していないでしょう。

とはいえSEO対策のプロの業者とやりとりをしていれば、わずかながらSEOのノウハウに触れる機会もあるはずです。外注業者並みの知識や技術は難しいですが、完全にノウハウを得られないことはないでしょう。

SEOを外注する費用の相場

外注する費用の相場を事前に知っておけば、見積もりを取った際に役立てることができます。

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングにかかる費用の相場は、月に10~50万円と決して安くはない金額です。

「SEOコンサルティング」は、SEO対策を総合的にアドバイスしてくれるサービスであり、分析・調査から戦略の立案・実行、レポートの作成などを一貫して行ってもらえます。

金額は高いものの、SEO対策の全てを任せることができるため「社内にSEOの知見がある者がいない」「今すぐにSEO対策をして成果を上げたい」といった場合は検討する価値があるでしょう。

内部対策

サイト構造や情報などを改善する内部対策は、30~100万円が費用の相場とされています。

検索エンジンに対してきちんとサイトの情報が伝わらなかったり、サイトの構造に不備があれば、適切な評価が得られないばかりか、顧客が離脱してしまう原因になりかねません。「コンテンツは充実しているのに検索上位に上がってこない」「内部対策をしたいけれど専門知識を持った社員がいない」場合は、内部対策の外注を検討するのもひとつの方法です。

コンテンツ対策

コンテンツ対策にかかる費用の相場は、1記事につき1万~50万円です。金額は記事の品質やキーワード、文字数などによって大きく異なるため、注意が必要です。

なお、SEOコンテンツの作成にはSEOライティングのノウハウが必要不可欠です。また記事の執筆には多くのリソースが必要となります。「SEOライティングができる社員がいない」「記事を作成する時間も余裕もない」「キーワード選定の仕方が分からない」など、コンテンツ作成に課題を感じている場合は、外注する方が効率が良いと言えるでしょう。

外部対策

外部対策は被リンクの対策であり、費用の相場は1万~100万円と幅があります。

被リンクは、ただ被リンク先が多ければ評価されるといった単純なものではありません。リンクが貼られている先サイトや貼られ方など、被リンクのクオリティも評価の基準とされています。

業者によっては「ただ被リンクを増やせばいい」という悪質な手段を用いるところもあるため、被リンクの対策を外注する際には慎重に検討するようにしましょう。

SEO外注先の料金形態

SEO対策を行う外注業者は主に3つの料金形態に分類できます。

一括支払い型

「一括支払い型」は、SEO施策で行う業務全てにかかる費用を一括で支払う型式のことを指します。SEO施策以外にも、アクセス解析や施策を実行した後のアフターサービスなどを付属している場合も多くみられます。このように手厚いサービスを受けられる一方、成果が出る前に多額のコストがかかるリスクも見据えておかねばなりません。

一括支払い型の外注業者に依頼する場合は、サービス内容はもちろん、今後自社でどのようにSEO対策を行っていくのか、長期目線で検討しておく必要があります。

月額固定型

「月額固定型」は、ひと月ごとに決まった額を払ってSEO施策を依頼する型式のことを指します。月々一定の額を支払うため安定したコスト負担となりますが、サービス内容によっては追加で請求が発生する場合もあるので、事前の確認が必要です。

また、費用に見合っている作業内容なのかきちんと把握するためにも、月にどのような作業を行うのかなど、月の作業内容や進捗を提示してもらうようにすると良いでしょう。

成果報酬型

成果報酬型は「ホームページが上位表示される」「トップページにランクインする」など具体的な成果が上がったタイミングで費用が発生する型式を指します。そのため結果が出なければコストが発生しないのが特徴です。

しかし他の料金形態よりも高額になりやすい特徴があるため、利用する際には注意が必要です。

SEOの外注先を選定するポイント

外注先を選定するときには、失敗しないためにもいくつかのポイントを押さえておきましょう。

ポイント1:豊富な実績の有無

外注業者を選定する際には、まず実績を確認しましょう。

SEO対策を外注している業者は、新しく事業を始めた業者からベテランの業者まで多く存在します。自社に合った外注業者を見つけるためにも、実績を確認することは大切です。実績を見れば「今まで担当してきた企業の規模感」や「外注業者が得意としているSEO対策の詳細分野」などを把握できます。

可能ならば、実績と合わせて実際に利用した企業の口コミや評判などもチェックできるとなお良いでしょう。

ポイント2:SEO以外のWEBマーケティング領域の知見

SEO対策はあくまでWEBマーケティングの一部です。たとえSEO対策でWEBページが上位表示されたとしても、コンバージョンに繋がらなければ意味がありません。

会社によって得たい利益や目標は異なります。場合によってはSEO対策を強化するよりも、もっと必要な対策があるかもしれません。広い視野を持ちしっかりと自社に寄り添ってSEO対策を検討・提案してくれる業者を選定することが大切です。

ポイント3:コストとサービス内容のバランス

SEO対策を外注するときは、コストばかりではなくしっかりとサービス内容が見合っているか吟味する必要があります。

いくらコストが安くても、サービス内容が伴っていなければ、十分な成果を得ることは困難です。また、サービス内容を無理に充実させ過ぎてコストが高くなり、利益がマイナスになってしまっても本末転倒です。

「自社が必要としているSEO対策はどのような内容なのか」「コストはいくらまでならかけられるのか」など、業者を選定する際は、コストとサービス内容のバランスを考えながら検討していくことが求められます。

SEO対策の外注先は自社に合った業者を慎重に選定しよう

SEO対策はホームページを運営していく上で欠かせない業務のひとつです。しかし多くのリソースを必要とするため、自社で行うのには負担が大きいといえます。適切な外注業者を利用すれば、自社のリソースに負担をかけることなくホームページを運営できるでしょう。

業者を選定する際には、自社に合った業者なのか、さまざまな視点で精査することが肝心です。悪質な業者や自社と合わないサービスを選定してしまわないよう、慎重に検討を重ねましょう。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡を中心に全国企業のホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページの制作するだけではなく、ホームページ制作後のSEO対策・集客・運用に力を入れています。更には、表示速度やレスポンシブ対応・ユーザビリティの向上など常にユーザー目線のUI/UXを考え、Webを通して成果や効果を実感・体感できるホームページの制作を行います。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談

;