SEO対策で重要視されるロングテールキーワード(SEO)について福岡 SEO対策

SEO対策で重要視されるロングテールキーワード(SEO)について

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、ビッグキーワードとは違い、ニッチなキーワードで上位表示を狙うことで検索の上位を獲得しWebサイトへの流入数を増やすものです。

例えばですが「SEO対策」のみのキーワードだと非常に検索ボリュームも多く、上位表示されると非常に多くの流入が見込めます。しかし、新規サイト立ち上げ時やサイトを公開して数年程度しかたっていない場合の上位表示は非常に困難を極めます。

そのような場合にロングテールキーワードを考え、設定することが大切になります。

ロングテールキーワードの確認、設定、サイト構成

もちろん、ビッグキーワードの「SEO対策」で上位表示ができれば良いですが、それを目標としつつ、サイト上にSEO対策に付随するキーワードをサジェストにて確認を行います。これがロングテールキーワードの確認部分になります。

検索キーワードのサジェストについて

サジェストとは

サジェストとは「予測変換」を意味します。 Googleなどの検索サービスでキーワードを入力した時、そのキーワードと一緒に検索される可能性が高いキーワードが自動的に表示されます。

SEO対策のサジェスト一覧

SEO対策のサジェスト一覧は以下のような結果になりました。

  • SEO対策
  • SEO対策とは
  • SEO対策 費用
  • SEO対策 基本
  • SEO対策 google
  • SEO対策 無料
  • SEO対策 本
  • SEO対策 会社
  • SEO対策 依頼
  • SEO対策 キーワード

SEO対策に続いて検索されているキーワードの一覧になります。サジェストともとに、サイトの構成や設計を考えます。

検索キーワードのサジェストをもとにサイト設計

SEO対策に特化したサイトであれば、ビッグキーワードをTOPページに設定。その他サジェストキーワードを下層コンテンツにて対策するという流れになります。更に細かくいけば、上記に掲載しているサジェストキーワード、一つに対してサジェストを行い、更に下層ページを作ることでサイトの規模や対策するキーワードの数を増やすことも可能です。

SEO対策とはのサジェストキーワードに対するサジェストと更なるSEO対策を生み出すことが可能

  • SEO対策とは
  • SEO対策とは 意味
  • SEO対策とは 初心者
  • SEO対策とは わかりやすく
  • SEO対策とは wiki
  • ホームページ SEO対策とは
  • web SEO対策とは
  • ブログ SEO対策とは
  • アフィリエイト SEO対策とは
  • hp SEO対策とは

SEO対策とはというキーワードを対策しているコンテンツの更に下層コンテンツに上記サジェストキーワードを対策することでサイトの規模も大きくなり、今回のテーマでもあるロングテールキーワードの対策ができることになります。

ロングテールキーワードはニッチなキーワードを上位表示することで、検索数は少ないが安定した流入数を獲得できることが趣旨なので、サジェストキーワードに対するサジェストキーワードを繰り返し対策することで非常にニッチなSEO対策サイトを確立することができます。

次にロングテールキーワードに関するサジェストを見てみましょう。

ロングテールキーワードのサジェストキーワード

  • ロングテールキーワード
  • ロングテールキーワードとは
  • ロングテールキーワード 探し方
  • ロングテールキーワード メリット
  • ロングテールキーワード 選び方
  • ロングテールキーワード 例
  • ロングテールキーワード ボリューム
  • ロングテールキーワード ブログ

上記のようなキーワード一覧となりました。ロングテールというコンテンツを一つ作成し、それに付随するサジェストキーワードコンテンツを作成する流れですね。この様な形でサイトの規模を拡大し、ロングテールでの流入を増やすことでビッグキーワードでの上位表示も可能になってきます。

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードを実施すると具体的にどのようなメリットがあるか確認していきましょう。

複数人のチームで取り組みやすい戦略である

現在オウンドメディアの施策が人気ですが、あらかじめキーワードの戦略が立てやすい為、チームで役割分担したキーワード対策がとりやすいことです。AチームはSEO対策に関するキーワード対策、Bチームはロングテールに関するキーワード対策、Cチームはホームページ制作に関するキーワード対策など役割分担が明確にできることがメリットといえるでしょう。

ユーザーが求めるコンテンツを作り出しやすい

それぞれのコンテンツに特化することができ、ユーザーが求めている情報を提供しやすくなります。ロングテールキーワードは、自社のWebサイトの検索流入を増やすだけではなく、品質の高いWebサイト、コンテンツ作りもできます。

ローコストで実施できる

SEO対策の延長線上にあるロングテールキーワード対策ですが、基本的にすべて無料で実施ができます。記事を作成する人などの人件費は掛かりますが、それ以外の費用は一切かからないのがメリットです。また、自社で取り組みできない状況でも、ある程度の設計指示ができる為、外注コストを抑えることもできます。

長期間安定して集客できる

ロングテールと言われる一番のメリットではないでしょうか。1コンテンツの検索流入すが少なくても、100の流入数を100コンテンツ作る考えと10,000の流入数を1コンテンツ作る考えです、前者がロングテールキーワード対策で、後者がビッグキーワードを狙った対策になります。

もちろん1コンテンツで10,000の流入ができれば人員のコストや手間が省けるわけですが、昨今Googleのアップデートによる検索下落も多くみられている状況です。ロングテールキーワード対策はリスクヘッジも視野に入れた合理的な対策であることは間違いないでしょう。

ロングテールキーワードのデメリット

メリットがあればもちろんデメリットもあります。

SEO対策に対する計画性が必要

どのコンテンツをどのキーワードで、といったようにサイト設計時にキーワードとコンテンツをあらかじめ考えておかないといけません。いかにニッチなキーワードを見つけ対策するかがカギになりますので、事前のサイト設計を綿密にする必要があります。

コンテンツの管理が必要になる

ロングテールキーワードは非常に多くのコンテンツを作っていくことになり、また、今まで作ったコンテンツの見直しが必要になります。古い情報のままでは訪れたユーザーがすぐに直帰してしまう形になるので、定期的なコンテンツの更新が必要になります。

低品質なコンテンツを作らないようにしなければならない

とにかく記事数を多くすることも大切ですが、記事内の質も非常に重要視されます。ライティング経験のない人にとにかくこのキーワードを使った記事を作ってほしいと依頼を行ってしまった場合、高い確率で検索にヒットしないや上がっていたキーワードで下落が考えられます。

キーワードをもちろん使うことは大切ですが、コンテンツの質を高めたライティングが大切となります。

結果が出るまでに数年はかかる

SEO対策は無料でできる施策である為、結果や成果が出るまでに数年かかる場合があります。もちろんその期間高品質なコンテンツを作り続けないと行けない為、ある程度期間がかかることを把握し、作業に取り掛かることをおススメします。

以上ここまでロングテールキーワードに関するデメリットになります。

ロングテールキーワードのまとめ

ロングテールキーワードしかりSEO対策はすぐに対策できる分、結果が出るまでに長い期間必要となります。またロングテールキーワードに囚われすぎて本来の目的である、ユーザーが求めている情報発信を忘れてはいけません。

常にユーザーが求める情報を発信し続けるとともに、ロングテールキーワードを対策することで更なる相乗効果がうまれてきます。まずはユーザー目線のコンテンツ作りを忘れずサイト制作を行っていきたいですね。以上今回はロングテールキーワードに関する説明でした。

SEO対策・Web集客・サイト制作
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページの相談

ホームページ制作

福岡のホームページ制作会社
アルファ企画
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606