福岡のローカル検索に対応したホームページ制作方法福岡 SEO対策

福岡のローカル検索に対応したホームページ制作方法

近年はIT機器が普遍的なものになっていることから、会社もそれに合わせた対応が求められます。

ホームページ制作もそういったものの一環といってよいでしょう。ホームページが大切なのは東京だけではありません。福岡で活動するときもホームページが求められます。今回はそうしたホームページ制作の方法についてみてきましょう。

活動地域が地方であり地域が決まっている場合はローカルSEOを徹底的に意識するが大切です。

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは特定の地域に絞った検索を行ったときに、検索結果の上位に表示されるための手法です。

たとえば「博多 ラーメン」というキーワードで検索したとしましょう。

この時に出てきてほしい検索内容は博多にあるラーメン店となります。一般的に「地域名+キーワード」で検索したときはその地域内でキーワードに該当するものが出てきます。

先ほどの「博多 ラーメン」で検索したときに北海道にある博多ラーメン店が上位に出てきたらどうなるでしょうか。大体は、そうした情報はいらないかと思います。(博多ラーメンが食べたい場合は「〇〇〇(地域名)+博多ラーメン」と入力すれば博多ラーメン店が出てくるはずです。)

このように「地域名+キーワード」にかかわるものが検索されるようになり、その検索で上位に表示されるために用いられるのがローカルSEOとなります。

大企業のほうがローカルSEOに強いとは限らない

大企業のほうがローカルSEOに強いとは限らない

SEOの場合会社の規模による影響が強く、一般的に大企業など資本力や知名度の高い企業のほうが有利となります。ですがローカルSEOに限ればそうとも限りません。ローカルSEOが使われる

「地域名+キーワード」の検索は、特定の地域に限定して検索が行われます。

そのため会社としての規模が大きくなかったとしても、福岡などで特定の地域で活動をしていれば、検索に引っかかるようになります。ホームページ制作をするときは通常のSEOのみならずローカルSEOも考慮するようにしましょう。

ホームページ制作にローカルSEOを組み込む

ではローカルSEOのためにはどういったことを行えばいいのでしょうか。

写真を充実させる

ローカルSEOをしっかりとしたいのであれば、写真を充実させてください。「地域名+キーワード」の検索は地図を土台にして検索されます。いいかえれば一度に表示できる情報には限りがあるのです。

少ない情報スペースを有効活用にするのが写真です。あなたも店舗を検索するときに写真がある店舗と写真のない店舗、どちらが印象に残るでしょうか。たいていは写真のついている店舗かと思われます。

写真がなくてもほかのことでカバーはできますが、地図が土台の場合は表示できる情報が少ないため、カバーが困難です。そうした事情からローカルSEOでは写真を多く用意する必要があります。

移動方法と営業時間をしっかりと記載する

ホームページ制作時に移動方法と営業時間をしっかりと記載するのもローカルSEOでは大切です。

これは「地域名+キーワード」を検索する人のためにあります。「地域名+キーワード」で検索する人は、地域には住んでいない人が行うことも少なくありません。東京の人が観光で福岡に行った時など、離れたところに住んでいる人が「地域名+キーワード」という検索を行います。

彼らが気にするのは「移動手段(車で〇〇分や駅から徒歩〇〇分など)」と「営業時間」です。地元でないため移動手段は限られているため、自身が使える移動手段で行ける店舗でないと赴けないし、折角行っても営業時間外であれば無駄骨になってしまうからです。

ローカルSEOの本質は検索者に有益な情報を提供することにあります。遠くから足を運んでくれる方のためにも、移動方法や営業時間はしっかりと記載するようにしましょう。

Googleマイビジネスに登録

ホームページ制作だけでは不十分なので、Googleマイビジネスの登録も行いましょう。

GoogleマイビジネスはGoogleなどが自動で行っている収集・編集するときに母体となるものです。ここに店舗の情報などを登録しておくと、「地域名+キーワード」で検索されたときに、自分の店舗が地図上に表示されるようになります。

ここで注意してほしいのが「登録したら終わり」ではないことです。

登録した情報が古かったり不足していたりすると、折角キーワードで検索されても上位に出てこなくなるからです。登録した情報を定期的に確認かつ更新も行うようにしてください。

Googleマイビジネスの登録方法はこちら

関連記事

MEO対策はSEO対策と同様に店舗の情報を知ってもらう為の対策必須項目となります。飲食店や美容室などの個人客が来店する店舗以外でも無料で対策ができる施策なので、ぜひ対策してみてはいかがでしょうか。 MEO対策とは Map Engin[…]

GoogleMap(MEO対策)を使ったウェブ集客法

口コミを集める

口コミを集める工夫もローカルSEOでは欠かせません。口コミを集める目的は認知度を向上させるためです。

通常のSEOでも口コミは大切ですが、ローカルSEOでは口コミ情報の重要度はさらに向上します。一度に表示できる情報が少ないことから、口コミの優先度を高くしているためです。店舗に訪れたお客さんがいましたらホームページを紹介して口コミを書いてもらうようにしてください。

ホームページ制作前に知っておきたい福岡の事情

ホームページ制作も大事ですがここでは福岡の事情についても見ていきましょう

IT化がかなり進んでいる

福岡はIT化がかなり進んでいる地域です。一時は「地方はIT化が遅れている」と言われていました。ですがIT化が始まったのは2000年代からです。そこから20年以上経過した現在では東京に限らず日本各地でIT化が進められています。

実際に福岡の人でも仕事で高性能なノートパソコンを使うことがあったり、スマートフォンを支給されたりすることも珍しくありません。

そのため観光客だけでなく、福岡にいる人も福岡の会社について調べるときはホームページを調べようとします。ホームページがあるだけでも相手にいろいろな情報を与えることになるため、自社への信頼性は確実に上がります。

同時にスマートフォンが普及していることから、パソコンではなくスマートフォンから調べられることについても考慮しなければいけません。ノートパソコンとスマートフォンでは画面が異なるので、ホームページ制作でもそうしたことに配慮する必要があります。

会社が多い

会社が多いのも理由の1つです。福岡は東京からは離れていますが、企業が多く進出している場所の一つでもあります。その理由は「海外に近い」からです。

福岡は東京と比較すると東南アジアや中国といった海外の国と近いため、昔から貿易の拠点として君臨していました。貿易しやすい場所であったことから、輸出入にかかわる企業がここに会社や支社を作るようになりました。

会社が集まるとそれらの会社を相手にする会社も作られることから、福岡には会社が会社を呼ぶような仕組みが用意されています。

地価が安いので会社が作りやすい

「地価が安くて会社が作りやすい」点も見逃せません。東京は会社が多い反面、地価が高いことから新しい事業所や会社を建設するときに多大なコストが発生します。たいして福岡の地価は東京の地価よりも安いため、比較的低コストで新しい事業所や会社が作れます。

この事情をさらに後押ししているのが「IT技術の発展」です。

例えば東京にある大企業が福岡に支社を作るとした場合、本社と支社の距離が情報を伝えるときに大きなネックとなります。ですが現在はIT技術によって情報伝達の問題はほぼ解消されています。

SkypeやTeamsなど離れた場所でも顔を合わせたり会議がおこなえるようになったり、かつそれらのソフトを低コストで使用できるようになったからです。そのためビジネスをする上で情報に関して物理的な距離はほぼないといってよいです。

地価が安いことから事業所が作りやすく、距離によるデメリットも薄れたことで、福岡には様々な会社が進出しています。

どこにホームページ制作を依頼するのか?

福岡に進出するにあたりホームページ制作をしなければいけない理由はわかりました。今度はホームページ制作をどの会社に依頼するのかについて考えていきましょう。

基本的には福岡を拠点に活動している企業に依頼する

自社でホームページ制作をする能力があるのであれば、自社で行うのが最も安上がりです。

では逆にホームページ制作のノウハウがあまりない場合はどうすればいいでしょうか。そうした場合は、福岡で活動をしている会社に依頼するとよいでしょう。

福岡でもホームページ制作を手掛けている会社が意外と多くあります。

そうした会社にホームページ制作の依頼をするメリットは「福岡にあるほかの会社の情報を入手できる」点です。ホームページ制作の仕事をほかの会社からも仕事を請け負っていた場合、そこから相手の会社の情報を入手したり、つながりを持ったりすることもできます。

情報収集はビジネスにおける基本となりますので、そうして得た情報はしっかりとビジネスに反映していきたいところです。

別の場所で活動している会社に依頼する

別の場所で活動している会社に依頼する

基本的には福岡に拠点を置いている会社にホームページ制作を依頼するとよいでのですが、価格や納期がこちらの希望を満たせない場合があります。そうした場合は東京にいる会社にお願いするなど、ほかのところへの依頼も考えてください。

住宅などの建築物であれば建てた場所から動かすことはできませんが、ホームページはコンピューター上に存在しているため場所を自由に動かすことが可能です。そのため東京など別の場所で作ったホームページであっても問題なく運用できます。

物理的に離れていると対面で話すのは大変になりますが、TeamsやSkypeなどを使用すればコミュニケーションはとれますので、そうしたツールをいかに活用するかが求められます。

まとめ

福岡などで活動をしている会社がホームページ制作をする場合は、ローカルSEOを考慮する必要があります。

ローカルSEOは通常のSEOよりも写真や口コミ情報が重要視されますので、そうしたものが集めやすいホームページを作るなどの工夫が求められます。

とはいえSEOを意識しつつホームページ制作をするのは、専門スキルやノウハウがないと難しいのも現実です。そうしたのがない、もしくは不足しているときは福岡で活動している会社に依頼することも検討してください。

ローカルSEO対策の方法はこちら

関連記事

福岡の地名で実施する ローカルSEO対策・MEO対策を得意としております。 ローカルSEO対策はMEO同様、地域に特化した検索の対策になります。 私たちは福岡県、福岡県内に特化したローカルSEO対策・MEO対策を得意としております。 […]

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606
福岡・福岡市でホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。それはSEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考えることにあります。成果や効果を実感できるホームページの制作は株式会社Soeluにお任せください。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談