SEO対策の集客 seo-web

SEO対策のメリット、集客方法や費用・相場に関して

「SEO対策を強化すれば、顧客を集められるの?」
「自社サイトの検索順位を上げて、もっと集客したい」
「SEOってネット広告と何が違うの?」

現代社会に広く普及しているインターネットは、集客ツールとしても非常に有効です。今や多くの企業がホームページを開設し、自社の商品やサービスを紹介するようになりました。

ホームページで集客するために必須となるのが、SEOの知識です。しかし、SEOにどんなメリットがあり、どうすれば効果を高めることができるのか、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • SEO集客の基本
  • SEO集客のメリット・デメリット
  • SEO集客の効果を高めるポイント

について、わかりやすく解説します。

これからSEOで集客効果を上げていきたいという方に、必見の内容となっています。ぜひ最後までご覧ください。

SEOによる集客についてわかりやすく解説

SEOによる集客についてわかりやすく解説

SEOとは、Search Engine Optimizationを略した言葉です。日本語にすると「検索エンジン最適化」という意味になります。

自社のサイトを検索結果の上位に表示させ、多くのユーザーに訪問してもらうことが、SEOにおける集客の基本です。

ここでは3つの観点から、SEOによる集客について詳しく解説していきます。

  1. 検索エンジンからのアクセス
  2. Googleの評価基準【E-A-T】
  3. ネット広告との違い

それでは、1つずつ見ていきましょう。

1. 検索エンジンからのアクセス

SEOによる集客の前提知識となるのが、検索エンジンです。検索エンジンからのアクセスがなければ、SEOによる集客はできません。

ユーザーは何かを調べるとき、Googleなどの検索エンジンにキーワードを入力します。すると、検索エンジンは独自のアルゴリズムを用いて、最適だと判断した記事を検索結果の上位に表示させるのです。

検索エンジンには様々なものがありますが、日本ではYahoo!とGoogleが9割以上のシェアを占めるといわれています。

さらにYahoo!が採用しているのは、Googleの検索アルゴリズムです。SEO対策は、Googleで上位表示されることがゴールだといえるでしょう。

2. Googleの評価基準【E-A-T】

SEOによる集客で欠かせない知識の一つに「E-A-T」が挙げられます。

「E-A-T」は、Googleが独自に定めた以下の3つの評価基準のことです。

  1. Expertise(専門性)
  2. Authoritativeness(権威性)
  3. Trustworthiness(信頼性)

上記の基準に照らすと「コンテンツの内容に専門性があり、価値を第三者から認められ、信頼できる運営者によって作成された」記事が評価されると考えられます。

SEOで上位表示を狙うなら「E-A-T」は必ず意識しなければならない評価基準です。ぜひ覚えておきましょう。

3. ネット広告との違い

インターネットを使った集客として、ネット広告があります。

代表的なネット広告として挙げられるのは、以下の2つです。

  • リスティング広告
  • SNS広告

リスティング広告とは、検索エンジンにおいて、検索結果に連動して表示される広告のことです。検索結果の広告枠をオークション形式で購入し、記事を表示させます。

SNS広告は、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNS上に配信される広告のことです。タイムラインや視聴コンテンツの途中に掲載されるインフィード広告や、設定された広告枠に掲載するディスプレイ広告など、様々なタイプがあります。

ネット広告がSEOと大きく異なるのは、広告費が発生するということです。しかし、上位表示のハードルは下がるため、購買意欲の高いニーズの顕在層に対しては有効な手段となります。

一方で、長期的な集客効果を狙うのであれば、SEOによる集客に大きなメリットがあるといえるでしょう。

SEO集客7つのメリット

SEO集客のメリット

SEOによる集客には、決して見逃せないメリットが数多く存在します。なかには、企業価値を上げるようなメリットもあるので、ぜひ押さえておきましょう。

ここでは、代表的な7つのメリットをご紹介します。

  1. 低コストで集客できる
  2. インターネットの利用者数が多く集客しやすい
  3. 購買意欲の高い顧客を集客できる
  4. 長期的に集客効果が持続
  5. 認知度・信頼性の向上
  6. 作成したコンテンツが会社の財産になる
  7. 潜在顧客との接点を作れる

では、1つずつ解説していきます。

1. 低コストで集客できる

SEOの最大の魅力は、低コストで集客ができるという点ではないでしょうか。

必要なのは、ホームページの制作コストやサーバー代などの基本的な費用だけです。もちろん、広告費はかかりません。

SEO対策が成功すれば、企業の経済規模にかかわらず集客効果を狙うことが可能になるのです。

2. インターネットの利用者数が多く集客しやすい

2019年のインターネット利用率(個人)は、89.8%となっています(参考:総務省「通信利用動向調査」)。今や9割近くの人が、インターネットを利用していることになります。

インターネットを通して日本中・世界中から集客できるという、現代社会ならではのチャンスが与えられているのです。

3. 購買意欲の高い顧客を集客できる

現代の消費者による購買行動を説明する「AISAS」というモデルがあります。

消費者が消費を行うまでには

「Attention(注意)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Action(購買)→ Share(情報共有)」

というプロセスがあると考えられており「AISAS」はこれらの頭文字をとった言葉です。

プロセスを見てみると、Action(購買)の前にSearch(検索)があることが分かります。つまり、検索しているユーザーは何かの購入を検討している可能性が高いということです。

購買意欲の高い顧客に効率よくアプローチできるのは、SEOにおける集客の大きな利点といえます。

4. 長期的に集客効果が持続

広告による集客を持続させるためには、広告費を払い続ける必要があります。

一方、SEOによる集客では広告費が発生しないため、費用の問題を心配する必要はありません。検索上位に表示され続ける優良なコンテンツである間は、集客効果は持続するのです。

長期的なコストパフォーマンスの高さは、SEOによる集客の魅力の1つといえます。

5. 認知度・信頼性の向上

コンテンツが上位表示されるようになると、商品やサービスが顧客の目に留まることが増え、認知度が上がっていきます。

商品やサービスの認知度は、顧客の購買行動を決める大切な要素です。「よく見る商品やサービスであれば安心だ」という心理的な効果も与えます。

さらに、優良なコンテンツを提供し続けることで、企業全体の信頼性も高まっていくでしょう。

6. 作成したコンテンツが会社の財産になる

SEOによる集客のために作成したコンテンツは、削除しない限り消えることはありません。ユーザーを満足させる有益なコンテンツが蓄積されれば、それは企業の財産となります。

コンテンツ作成にはそれなりの労力が必要ですが、決して無駄にはなりません。上位表示され続けるコンテンツは、まさに「集客効果を生み出し続ける資産」となるのです。

7. 潜在顧客との接点を作れる

潜在顧客とは、悩みや不安を感じつつも、具体的なニーズや課題としてはまだ認識できていない顧客のことです。

SEOを用いた集客では、ホームページを通して潜在顧客との接点を作ることができます。

「顧客のニーズを具体化し認識させる→自社の製品・サービスを結び付ける」

というコンテンツマーケティングのプロセスを、追加費用なしで自動化することができるのです。

SEO集客のデメリット【集客効果は検索順位に左右される】

検索エンジンであるGoogleは、アルゴリズムの見直し・アップデートを頻繁に行っています。ユーザーの利便性を向上させ、価値ある情報を提供し続けるための取り組みです。

アルゴリズムの見直しやアップデートが実施されると、検索結果は激しく変動します。仮に検索順位が大きく下落してしまうと、集客効果も連動して低くなってしまうということです。

基本的なSEOの知識を押さえ、Googleが公表している品質ガイドラインを正しく理解することが、上位表示を保つ有効な対策となります。

SEO集客の効果を高める5つの重要ポイント

SEO集客の効果を高める重要ポイント

SEO集客には、効果を高める重要なポイントが存在します。ポイントを押さえていなければ、ホームページを作成しても集客効果は高まりません。

ぜひ覚えておきたい5つのポイントをご紹介します。

  1. コンテンツSEO
  2. Webサイト全体での集客を意識する
  3. 集客後の導線設計
  4. ツールを使った分析
  5. 外部SEOと内部SEO

順番に、1つずつ見ていきましょう。

1. コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信し、自然検索からの集客を目指す考え方のことです。

ユーザーの検索した言葉に隠れた本当のニーズを把握し、それを満たす高品質なコンテンツを作成することが重要となります。さらに、キーワード選定や構成作成など、検索エンジンに正しくコンテンツを評価してもらうための技術も必要となる施策です。

2. Webサイト全体での集客を意識する

SEOでは、Webサイトの全てのページが重要です。Googleなどの検索エンジンでは、ロボットがWebサイト全体をクロール(巡回)し、品質をチェックしているためです。

一つひとつの記事が高評価を集め、結果的にトップページや顧客の行動につながるページに集客させることが、SEO集客の理想的な形といえるでしょう。

3. 集客後の導線設計

SEOによる集客では、Webサイトに流入したあとの顧客の行動(コンバージョン)が重要です。顧客には、最初に読んだページから商品の購入やサービスの利用を促すページまで、読み進めてもらう必要があります。

顧客の導線設計に関わってくるのが、サイト構造の設計です。読者の人物像を見極め、ページを移動することで満足度が高まるような工夫を施すことが求められます。

4. ツールを使った分析

SEOで集客する際に利用できる、基本的なツールを2つご紹介します。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

どちらも、Googleが提供している無料の分析ツールです。

Googleアナリティクスでは、ユーザーの属性や訪問したページ、成果の達成率をはじめとするWebサイトへのアクセス状況を、様々な視点から分析できます。

Googleサーチコンソールを利用すると、Webサイトへ流入している検索キーワードや、クリック数、検索順位が把握できるようになります。

どちらも、SEO集客を始めるなら導入しておきたいツールです。

5. 外部SEOと内部SEO

SEOは、外部SEOと内部SEOの2種類に分けられます。両方の対策を行うことで、集客効率を最大化することが可能になるのです。

外部SEOは、外部リンクを多く獲得する施策のことを指します。外部リンクを獲得すると、外部サイトからも評価を受けている良質な記事と判断されます。

内部SEOとは、Googleがクローリング(巡回)しやすいWebサイトを構築する施策のことです。たとえば、サイト構造やタグの最適化、内部リンクの整備などが推奨されています。

SEOで集客するまとめ

まとめ

SEO集客は、成功すれば低コストで大きな効果を得られます。

SEO集客における7つのメリット

  1. 低コストで集客できる
  2. インターネットの利用者数が多く集客しやすい
  3. 購買意欲の高い顧客を集客できる
  4. 長期的に集客効果が持続
  5. 認知度・信頼性の向上
  6. 作成したコンテンツが会社の財産になる
  7. 潜在顧客との接点を作れる

SEO集客の効果を高める5つの重要ポイント

  1. コンテンツSEO
  2. Webサイト全体での集客を意識する
  3. 集客後の導線設計
  4. ツールを使った分析
  5. 外部SEOと内部SEO

上記について理解することで、SEOによる集客を効率的に進めることができます。

次にご紹介する内容は「SEO対策の費用料金相場と費用」について

「SEO対策の費用相場はどのくらいかかる?」

「SEO対策を外注するメリットはなに?」

「外注する際の注意点を知りたい」

中小企業庁の調査によると、大企業のホームページの開設率が95.6%、中規模企業が80.4%です。日本のほとんどの企業が、自社ホームページを保有しています。

しかし、数多くのホームページの中で、しっかりSEO対策を行なっている企業は少ないのではないでしょうか。SEOは専門スキルが必要になり、効果が出るまでに時間がかかります。自社で行おうとしても、何から始めたらよいかわからない方も多いでしょう。

そこで、この記事では

  • SEO対策の料金相場と費用
  • SEO対策費用の決まり方
  • SEO対策を外注するメリット
  • SEO対策を外注する際に知っておくべきこと

について解説します。自社のホームページを持っていて、SEOで悩んでいる経営者やWeb担当者にとって、必見の内容となっています。ぜひこの記事を最後までお読みいただき、SEO対策の参考にしてみてください。

SEO対策の費用相場6選

SEO対策の費用相場6選

SEO対策は自社で行うほかに、Web制作会社へ依頼する方法があります。SEOの外注は用途によって、内容や費用相場が異なります。依頼する前に把握しておきたいところです。

こちらでは、SEO対策の費用相場を解説します。

  1. SEOコンサルティング
  2. サイト設計コンサルティング
  3. コンテンツSEO
  4. 内部SEO対策
  5. 外部SEO対策
  6. SEOツール運用

順番に見ていきましょう。

1.SEOコンサルティング

SEOコンサルティングの費用相場は、月10〜100万円程度です。サイトの規模が大きくなるほど、費用が高くなる傾向です。

SEOコンサルティングでは、SEO対策を総合的にサポートします。キーワードや競合サイトの分析から、対策を行うので的確なアドバイスが可能です。コンテンツ作成のサポートや内部対策、外部対策など幅広くアドバイスを行なっています。

SEOコンサルティングの主な業務は以下のとおりです。

  • 調査・分析・企画
  • コンテンツ作成支援
  • ライティング支援
  • 内部対策
  • 外部対策

Web制作会社によってサービス内容が異なるので、事前に確認しましょう。

2.サイト設計コンサルティング

サイト設計コンサルティングの費用相場は、5〜50万円以上であり、新規ホームページの設計を行います。主にSEOコンサルティングの中の「調査・分析・企画」に特化して、サービス提供するのが特長です。

ホームページで集客や売上につなげるには、サイト設計をしっかり行うのが重要です。設計が曖昧なままだと、ターゲットに対して効果的な施策が行えません。ホームページの土台を作って、方向性を決めるのに役立ちます。

主な業務内容は以下のとおりです。

  • キーワード・競合サイトの調査と分析
  • 自社サイトの分析
  • コンテンツ企画
  • サイトの構成

SEOコンサルティングと同様に、大規模サイトになるほど費用が高くなる傾向です。

3.コンテンツSEO

コンテンツSEOの費用相場は、数千〜10万円程度になります。費用は記事本数×記事単価で算出することが多いです。SEOライティングとも言われており、サイトで公開するブログ記事(ページ)の作成を行います。

検索順位を上げることだけでなく、問い合わせや資料請求を増やして、売上につなげるのが目的のサービスです。ユーザーが検索するであろうキーワードを選定して、ブログ記事の作成を担当します。

主な業務内容は以下のとおりです。

  • キーワード選定
  • 競合調査
  • ブログ記事の構成作成・執筆
  • ライティング支援

サイト設計ができている前提なので、コンテンツ作成のみの提供になります。ライターの実力によって費用が異なり、優秀なほど費用が高くなる傾向です。

4.内部SEO対策

内部SEO対策の費用相場は、3万円〜数百万円です。主に検索エンジンに、ホームページが評価されやすくなるよう構造を最適化するサービスになります。

コンテンツを追加しなくても、内部対策を実施しただけで検索順位が上がったり、アクセス数が伸びたりするケースもあります。

内部SEO対策の主な業務内容は以下のとおりです。

  • サイトマップ送信
  • メタディスクリプションの設定
  • タイトルタグの設定
  • サイト構造最適化
  • パンくずリストの設置
  • 内部リンク改善
  • 見出しタグの最適化
  • 画像利用の最適化

検索ユーザーの利便性を高められる効果が期待できるでしょう。

5.外部SEO対策

外部SEO対策は「月額固定費用型」と「成果報酬型」の2種類に分けられます。月額固定費用型は月1〜数十万円で、成功報酬型は1〜100万円以上が相場です。

主に被リンクを獲得するための施策を行います。被リンクとは外部サイトに貼られる自社サイトのリンクのことで、検索エンジンの評価に影響が出ます。検索上位に表示されるには、非常に重要な要素です。

6.SEOツール運用

SEOにはツールを運用して行う対策もあり、費用相場は月2万円からです。有料ツールを使用して、自社メンバーで対策を行うため、ほかのSEO対策よりも費用を抑えられます。

ツールを使用すると、手動で行うよりも細かい部分まで対策でき、質を高められるのが特長です。さらに運用を自社で行うので、実行した結果をノウハウとして蓄積できます。過去と同じ事象が起きた際に、すぐに対策を行えたり、応用できたりが可能です。

全ての金額は相場であり、依頼を行う地域やサイトの規模に左右されますので、あくまでも参考費用としてお考えください。

SEO対策費用の3つの決まり方

SEO対策費用の3つの決まり方

 

SEO対策の費用は、サイト規模やサポート範囲などによって決まります。事前に把握していないと、想定よりも費用がかかる可能性があるので、しっかり確認しましょう。

  1. サイトの規模
  2. サポート範囲
  3. コンテンツの量や質

それぞれ参考にしてみてください。

1.サイトの規模

SEO対策の費用は、中小企業向けと大企業向けで費用が異なります。中小企業向けの場合、ホームページのページ数やコンテンツ量が少ないことが多いです。費用相場は月10万円前後になります。

一方で大企業の場合、中小企業よりもページ数やコンテンツ量が多くなります。費用相場は月50〜100万円以上です。コンテンツの量が増えるほど、提供されるサービスが多くなるので、サイトの規模によって費用が異なってきます。

2.サポート範囲

SEO対策はサポート範囲が広くなるほど、費用が高くなります。例えばサイト設計やコンテンツ作成よりも、対策をトータルでサポートするSEOコンサルティングのほうが高額です。

さらにSEOだけでなく、Webサイト構築や広告運用などを行なっている企業もあります。提供サービスの範囲が広がるので、その分費用も増えます。

トータルサポート型を依頼すると、専門のコンサルタントに任せられるので、SEOの効果が期待できるでしょう。集客を任せられるため、自社の仕事に集中できる効果もあります。

3.コンテンツの量や質

コンテンツの量や質によって、費用が変わるので把握しましょう。コンテンツ作成は、記事単価×記事本数であることが多いです。記事本数が多いほど費用が高くなります。

さらに法律系や薬品系など、コンテンツの専門性が高くなるほど単価も上がります。依頼する際は、大体の文字数や外注の単価を確認しましょう。

SEO対策を外注する3つのメリット

SEO対策を外注する3つのメリット

自社でSEOを行うには、専門スキルが必要です。Web制作会社にSEOを依頼したい方も、いるのではないでしょうか。

こちらでは、SEO対策を外注するメリットを3つ解説します。

  1. 最新の知識と技術がある
  2. 最適な対策を行える
  3. 自社で行うよりも短期間で効果が期待できる

しっかり把握しましょう。

1.最新の知識と技術がある

SEO対策を行なっている会社は、常に検索エンジンの動向を調査・分析しています。検索エンジンのアップデートは、毎年数回の頻度で実施されます。不定期で行われるので、最新の知識がないとアップデートの影響を受ける可能性が高いです。その結果、検索順位を下げることにつながりかねません。

Web制作会社に依頼すれば、常に最新の知識と技術を受けられます。そのため、大きいアップデートで検索順位が大幅に変動しても、リスクを最小限に抑えらる対策が可能です。

2.最適な対策を行える

Web制作会社は、SEOのスキルを網羅しているので全体像を把握しています。サイトの検索順位を上げるだけでなく、集客や売上アップの観点から考えた対策を行えます。最適な対策を行えるので、SEO対策を外注するメリットの一つです。

また、企業の課題や目的に応じて、中長期的な戦略を立てられます。長期間にわたってSEOの効果が期待できるようになり、安定した集客が可能です。

3.自社で行うよりも短期間で効果が期待できる

SEO対策を外注すると、自社よりも短期間で効果が期待できます。検索上位を狙うには、質の高いコンテンツを作成する必要があります。しかし検索順位を上げるためには、コンテンツ作成に加えてキーワード選定や競合分析が必要です。コンテンツ作成は時間がかかり、自社で行うと更新だけ精一杯になるかもしれません。

そこで、専門家に依頼すれば、コンテンツ作成にかかる時間を短縮できます。ユーザーの満足度も高められるので、短期間で効果が期待できるでしょう。

SEO対策を外注する際に知っておくべき3つのこと

SEO対策を外注する際に知っておくべき3つのこと

SEO対策の外注には、事前に知っておくべきことがあります。知らないと、トラブルになる可能性が考えられます。

外注する際に知っておくべきことは以下のとおりです。

  1. 必ず成果が出るわけではない
  2. 初期費用や解約金がかかる
  3. SEO対策の目的を明確にしないと効果的な施策を行えない

それぞれ参考にしてみてください。

1.必ず成果が出るわけではない

SEO対策は専門家に依頼すると、コンテンツの質が上がって、効果が出やすくなります。しかし、どんなに効果的な対策をとってもGoogleに評価されなかったら、検索順位は上がりません。人ではなく検索エンジンが評価するので、必ず成果が出る保証はないです。

さらに検索エンジンのアルゴリズムのアップデートがあると、検索順位が下がる可能性があります。検索結果1位でも大幅に順位を下げるかもしれないので、外注する際に知っておきましょう。

2.初期費用や解約金がかかる

SEO対策は、会社によって初期費用とサービス費用が別の場合があります。その場合、通常のサービス費用に初期費用が加わるので、料金が高くなります。依頼する前にサービス費用の内訳を確認しましょう。

また最低契約期間が決まっているプランでは、途中で解約すると費用が発生する可能性があります。当初の予算よりも費用がかかってしまうため、継続して行える期間で契約するのが重要です。

3.SEO対策の目的を明確にしないと効果的な施策を行えない

SEO対策を外注する際は、目的を明確にしないと、効果的な施策を行えません。曖昧な目的のままだと、集客できても、売上につながらない可能性があります。

また、サイトの方向性によっては、SEO対策を外注しなくてよいケースが考えられます。SEOを外注する際は、しっかり目的を明確にしたうえで適切な対策を行いましょう。もし目的が明確にできない場合、サイト設計を依頼するのがおすすめです。

SEO対策費用・相場のまとめ

まとめ

SEO対策の費用相場は、中小企業と大企業で異なります。中小企業であれば数万〜数十万円で、大企業は数百万以上することがあります。予算に合う会社に依頼するようにしましょう。

SEOを外注すると、常に最新の知識と技術を受けられて、最適な対策を行えます。さらに自社で行うよりも短期間で効果を期待できます。SEO対策の相談を無料で行なっている会社が多いので、気になるところに相談してみましょう。

ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-3558-5864

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-3558-5864
福岡・福岡市でホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。それはSEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考えることにあります。成果や効果を実感できるホームページの制作は株式会社Soeluにお任せください。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談