福岡のホームページ制作会社への依頼と相場について【失敗しない】ホームページを制作する前に必ず読んでおくべき内容福岡 SEO対策

福岡のホームページ制作会社への依頼と相場について【失敗しない】ホームページを制作する前に必ず読んでおくべき内容

自社のホームページを制作する前に読むべき内容や読むと自社が求めていることを明確にすることができ、失敗することなくホームページの制作が可能となります。ぜひ依頼前の確認事項としてこちらの記事を参考にしてください。

目次

ホームページの種類について

一括りにホームページと言っても様々な種類のホームページがあります。

「企業ホームページ」「サービスサイト」「採用サイト」「ECサイト」「LP(ランディングページ」「キャンペーンサイト」「オウンドメディア」「多言語サイト」「ポータルサイト」についての特徴から福岡で依頼をした際に相場について解説していきたいと思います。

企業のホームページ

企業ホームページ

ではまず、企業ホームページからの説明になります。

企業の顔となるホームページであり、取引先や製品やサービスを利用している方が、主に確認するホームページになります。ベースとなる色は青がおおく、信頼や信用を全面に出すことが大切となるホームページが多い傾向です。

企業ホームページの特徴として信頼性を獲得したいのか、採用に力をいれたいのか、サービスや製品に関する情報を発信したいのかによってホームページのデザインや構成も異なってきます。

そのあたりの目的をしっかりと明確にし、企業のホームページを制作することをお勧めします。

福岡の制作会社に企業のホームページを制作依頼する場合

制作期間としては小規模のホームページであれば約2週間程度、相場は30万円~と考えておくと良いでそう。もちろん必要なコンテンツやカメラマンの手配などによって価格は変動しますので、あくまでも目安としてお考えください。

福岡の制作会社が提供するサービスサイト

企業サイトからある特定の商品やサービスのみを掲載したサービスサイトになります。

一つの商品やサービスに特化することが多く、他の製品に関する情報などは全て省かれたサイトになります。これらサービスサイトを制作する目的として認知度アップを図りたい、特定のターゲット層にのみPRしたい等の要素が盛り込まれます。

制作する時のポイントとしてどこを最終目的とするのかを明確にする必要があります。資料請求なのか、店舗来店なのか、ECでの購入が目的なのか、サービスサイトの最終目的によってデザインや構成も変化しますので、ここも重要な部分です。

福岡の制作会社にサービスサイトのホームページを制作依頼する場合

企業サイトとは異なり、サービスサイトは集客やコンバージョンの目的がはっきりとしているので制作期間や相場は比較的高くなります。もちろん集客する為の、広告等の予算も必要になる為、制作だけでも50万円~以上、広告費用として年間で数百万円は必要と思っておいた方が良いでしょう。

もちろん最初から莫大の予算を投じることができれば良いですが、現在はSNSの力をうまく使うことができれば費用は掛からず製品、サービスの告知ができますので、そのあたりは制作会社と相談することが望ましいです。

福岡の制作会社が提供する採用サイト

企業サイトからこちらも切り離した採用に特化したサイトになります。

新卒採用や中途採用に特に力を入れている企業が、企業サイトとは別に立ち上げることが多いです。現在働いている従業員の写真やスケジュール、一体どのようなことをしているのか等を写真や文章、動画で伝える為の採用サイトになります。

福岡の制作会社に採用サイトのホームページを制作依頼する場合

こちらもサービスサイト同様、企業サイトより相場は高くなります。

その理由として、カメラマンの手配やビジュアル面での訴え、動画の撮影、編集などがホームページの制作に加わることがあるからです。企業サイトはもちろん実際の従業員を掲載することで信頼を得ることができますが、それらを多く取り入れている傾向ではない為、相場が安くなります。

その反面、採用サイトは実際の会社の外観、内観、打ち合わせ風景、従業員の紹介、動画撮影など多数の要素が盛り込まれることが企業サイトより、相場が高くなっている要因です。

もちろん、写真の素材などを利用して制作することもできますが、それだと実際にホームページへ訪れた人がイメージしにくい為、サービスサイト、採用サイトは実際の商品、サービス、人物を利用することをお勧めします。

福岡の制作会社が提供するECサイト

EC(ショッピングサイト)サイトの解説

ECサイトはユーザーが企業の商品をオンライン上で購入できる仕組みを制作することになります。最近はコロナウイルスの影響もあり、ECサイトの制作数が非常に伸びている傾向です。今後もこの傾向は変わらず、ECの需要はますます増えるでしょう。

ECサイト制作の基本として、通常のホームページに「購入の仕組み」「会員登録」「マイページの機能」「受発注管理」「顧客管理」が加わることが想定されます。非常に大きく分けていますが、大きく分けて追加される機能は上記の5機能になります。

また、現在ではBASEやShopify等多数のECプラットフォームが利用できるため、個人でも手軽に簡単にECサイトをオープンすることができます。しかし、これらは成約も多く、月々のランニングコストがかかる上、自由なカスタマイズやデザインができない場合もあります。

福岡の制作会社にECサイトのホームページを制作依頼する場合

制作費用は基本ベースとして100万円~となり、製品の写真撮影やパンフレット制作、梱包や同梱物の諸々が必要になります。

制作費用以外のことも必ず確認しておくことが大切です。これが東京のホームページ制作会社であれば300万円~と相場になっているので、どこの制作会社に依頼するかで費用やクオリティが変わってくるかもしれませんね。

もちろん福岡の制作会社が100万円で東京の制作会社が300万円の制作見積りでも、必ず東京の制作会社の方がクオリティが高いわけではありませんので、その点制作会社の実績や強みの部分を確認して依頼することをお勧めします。

福岡の制作会社が提供するLP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)の解説になります

LP(ランディングページ)はサービスサイトと似たような特徴があり、基本的に1つのページで1つの製品やサービスを紹介するサイトになります。

例えばですが、車の宣伝であれば、1車種のみをLP(ランディングページ)に掲載し、その車の特徴や性能、グレード等を事細かに説明するサイトです。

他の情報は一切盛り込まず、とにかく紹介したい製品・サービスに特化することが重要です。また、LP(ランディングページ)の基本的な流入元は広告がメインとなります。Web広告やテレビ広告、ラジオ広告等で宣伝を行いLP(ランディングページ)に誘導することがほとんどです。

その為、自然検索の対策は二の次でビジュアルメインのLPがほとんどです。もちろん1ページのみでSEO対策を実施し、広告等に頼らない運営方法もあるので、その点PRする製品やサービスによって運営方法は変わりますので、制作会社に相談することをお勧めします。

福岡の制作会社にLP(ランディングページ)の制作依頼する場合

こちらもサービスサイト同様50万円~以上が相場となることが多いですね。もちろんTOPページとなる情報の量等によって金額は左右されますので、あくまでも目安として考えておくことが大切です。

福岡の制作会社が提供するキャンペーンサイト

キャンペーンサイトもサービスサイト、LP(ランディングページ)サイト同様の役割を果たします。

イベントや告知を行う際の紹介サイトで、完全に広告やSNSでの集客がメインとなります。キャンペーンサイトの特徴としてSEO対策関連のことは正直考えず運営する形が多く、サービスサイト、LP(ランディングページ)サイトより完全に指名検索が90%以上になるでしょう。

その点ふまてサイトの構成や導線などを組むことが大切で、サービスサイト、LP(ランディングページ)サイトとは少し違った運用が大切になります。

福岡の制作会社にキャンペーンサイトの制作依頼する場合

こちらもサービスサイト、LP(ランディングページ)同様50万円~以上が相場となることが多いですね。

キャンペーンサイトはイベントや告知を集客するサイトの意味合いが強いので、自社がPRしたい内容によってそれぞれのサイトで告知することが良いでしょう。そのあたりも含めてホームページ制作会社に相談が必要となります。

福岡の制作会社が提供するオウンドメディア

最近のオウンドメディアは多くの企業が取り入れていますね。

オウンドメディアとはユーザーが知りたい情報やコアな情報を発信するサイトになります。自社製品やサービスの使い方を紹介した記事、自社製品やサービスを更に有効活用した動画などを常に配信し、記事数やコンテンツの質で自然検索からユーザーを獲得する手法です。

現在多くの企業がこのオウンドメディアを活用していますが、こちらのサイトは「質の高いコンテンツ×量」が運営に左右します。

ただ記事を更新するだけではなく、ユーザーの為になるコンテンツをひたすら更新しなければいけないので、制作というより記事作成が得意なホームページ制作会社に依頼することをお勧めします。

福岡の制作会社にオウンドメディアサイトの制作依頼する場合

制作費用しては50万円~ですが、記事作成にもっとも費用がかかると思って良いでしょう。

もちろん取材をメインに取り扱うオウンドメディアであれば取材費用やライティング費用等が必要になり、自社製品やサービスを紹介する場合も、ライティングや動画の撮影、編集が必ず必要となってきます。

また、記事の追加は1日に数件がある程度必要になり、週に1度ぐらいの更新だと集客やユーザーを満足させることができないので、ランニングコストが多くかかることを念頭に置いておきましょう。

もちろん自社ですべて完結できる体制が出来上がっていれば、オウンドメディアは非常に効果を発揮し、ユーザーの取り込みやファンづくりに最も適しているので、体制を整えて制作するか、ある程度の予算を確保して制作することをお勧めします。

福岡の制作会社が提供する多言語サイト

こちらは日本語以外の言語でも閲覧することができるサイトです。

基本的には日本語表示で、ワンクリックで英語や中国語、韓国語等に切り替えることができるサイトです。現在はGoogleの翻訳機能をホームページに追加することができる為(翻訳精度はGoogle任せ)大幅な制作費用は掛からないでしょう。

福岡の制作会社に多言語サイトの制作依頼する場合

Googleの翻訳ボタン一つで解決であれば、制作費用は30万円~ではないでしょうか。

ただ自社コンテンツの内容をしっかりと翻訳しワンクリックですべて切り替わる仕組みを追加した場合は60万円~が相場となっているようです。それに加え言語が多くなればその分費用もかかってきます。

まずはGoogle翻訳の機能を追加してサイトを運営して、必要に応じて機能を追加する方法でも良いかもしれません。

福岡の制作会社が提供するポータルサイト

オウンドメディアが出現する前はポータルサイトが主流となっていましたね。

何かに特化した情報を常に発信し、情報をまとめたサイトという認識がありますね。こちらもオウンドメディア同様、記事作成に費用がかかり、オウンドメディアより、デザインにこだわっている傾向がありますので、その分費用が高くなっている傾向です。

福岡の制作会社にポータルサイトの制作依頼する場合

オウンドメディアよりデザイン性や操作性が重要視される傾向ですので、100万円~が相場となっています。

もちろんオウンドメディア同様記事作成や取材、動画撮影、編集等の費用もランニングコストとしてかかってきますので、年間500万円~は考えておいた方が良いでしょう。

もちろん全て自社で運用できれば制作費用のみですが、集客の方法や記事作成の方法等もある程度プロのホームページ制作会社の協力を得てまずは運用することをお勧めします。

ホームページ種類のまとめ

ホームページ制作

以上ここまで、ホームページの種類企業ホームページ、サービスサイト、採用サイト、ECサイト、LP(ランディングページ)、キャンペーンサイトオウンドメディア、ポータルサイト)について解説してきました。

最近では、ポータルサイトがオウンドメディアに代わり、ECサイトの需要が非常に増していますね。これらホームページの役割をしっかりと理解し、選択と集中で効率よく自社の製品やサービスを紹介することが、今後ホームページを使った時代になるのではないでしょうか。

もちろん今でも更にホームページは進化しているので今後も動画の活用やSNSの活用が必須ではあるので、そこをうまく活用して、PRしていくことが大切です。

福岡のホームページ制作会社を強み別に解説

ホームページの種類について解説した後は、次にホームページ制作会社の強みについて解説します。

一体自社がどのような目的でどのような効果を期待しているかで制作会社の選び方は変わってきますので、制作会社の特徴などふまえて解説していきたいと思います。

福岡の集客(SEO対策)に強いホームページ制作会社

その名の通り、ホームページ制作後の集客に強い制作会社です。

ホームページは制作した後が非常に大切で、とにかくユーザーを集めなければホームページ本来の力を発揮できません。その時にSEO対策で集客するのか、または、SNSなどを使った集客をするのか等のホームページの特徴に合わせた集客方法を実施することが大切です。

福岡の集客(SEO対策)に強いホームページ制作会社に依頼するメリット

集客をメインとしている為、SEO対策に関するノウハウや技術が豊富で、ホームページ制作後の運用などに力を入れている会社が多数。作って終わりではない部分がメリット

福岡の集客(SEO対策)に強いホームページ制作会社に依頼するデメリット

SEO対策としてテキストが必要である為、比較的多くの情報を掲載となり、デザイン的に少し見劣りする場合がある、また、SEO対策はすぐに成果が出ることが少ないため、そこまでのコストも必要になるのがデメリットとなる。

集客に強いホームページ制作会社の探し方は「SEO対策 福岡」「Web集客 福岡」などのキーワードで上位表示をしているホームページを見つけるが良いでしょう。

その中でもSEO対策は非常に重要な部分でもありますので、やはり自然検索(SEO対策)で上位表示されている制作会社から確認する方法が適切かと思います。

集客の方法も自然や有料など多数種類がありますので、まずは自然検索(SEO対策)の検索上位から探してみましょう!

福岡のデザインに強いホームページ制作会社

デザインに強いホームページ制作会社

デザイン+集客ができる制作会社が一番良いですが、デザイン性を求めてしますとやはりSEO的に少し弱くなってしまう部分があります。デザイン会社の見分け方はやはり自社サイトや制作実績の情報を確認することが良いでしょう。

制作実績を確認することでそのデザイン会社がどのような分野を得意としているのかある程度確認することができます。

福岡のデザインに強いホームページ制作会社に依頼するメリット

希望のデザイン通りに仕上げることがる程度容易にでき、チラシやパンフレット等の販促物も合わせて制作することができることがメリット

福岡のに強いホームページ制作会社に依頼するデメリット

集客やSEO対策などを意識したホームページ制作ができない場合があり、広告やある程度予算を投じて集客する必要が出てくる可能性があります。

また、デザインと言ってもイラストを使ったホームページなのか、写真をメインとしたホームページなのか、動画やグラフィックを使ったホームページなのか、種類も様々です。自社が求めている実績が制作実績に並んでいれば良いのではないでしょうか。

まずは自社が制作したいホームページとデザイン会社が実績として掲載しているホームページを照らし合わせて確認することが大切です。

福岡のシステム開発に強いホームページ制作会社

システム開発に強いホームページ制作会社

ホームページと顧客管理や自社システムをなどを連動することを重きに置いている場合選択肢として考える必要があります。ホームページの目的を集客やデザインではなく、顧客管理や営業ツールとして捉えている場合にシステム開発が必要です。

福岡のシステム開発に強いホームページ制作会社に依頼するメリット

ECサイトと顧客販売の管理や受発注システムなどの連携で管理の手間を最小限にするシステム等を導入することができることがメリットになります。

福岡のシステム開発に強いホームページ制作会社に依頼するデメリット

集客を強みとしているホームページ制作会社やデザインを強みとしているホームページ制作会社とは正直別物の考えと思った方が良いでしょう。あくまでもシステム優先のホームページ制作となります。

また、システム開発に強いホームページ制作会社を探す際「システム開発 福岡」「開発 福岡」や「顧客管理 開発 福岡」などホームページ関連のキーワードとは違った探し方をすると良いでしょう。

同じホームページ制作会社ですが、提供する内容によって大きく対象が異なりますので、この点注意が必要です。

福岡の特定業界に特化しているホームページ制作会社

特定業界に特化しているホームページ制作会社

最近では「建設」「医療」「企業」など業界に特化したホームページ制作会社が多数存在します。ここの一番良い点は、特定業界のノウハウも一緒に利用できる点が一番のメリットではないでしょうか。

自社が建設業であれば、建設業に特化したホームページ制作を行っている会社を探し、建設業での状況やこういった仕組みを追加することで成果がでますよ。と言ったような、特化しているからこそ提供できるサービスがあります。

福岡の特定業界に特化しているホームページ制作会社に依頼するメリット

特定業界に特化しているので、ノウハウがたまって自社サイトへ流用することができので、比較的結果が出やすい傾向にあります。

福岡の特定業界に特化しているホームページ制作会社に依頼するデメリット

特定業界に絞っている為、自社の情報やうまくいっていることを他社でも利用される可能性があります。(情報は厳守ですが、事例として出される場合がある)

そこから自社独自の特徴や強みを出していかないといけないので、特定業界に特化しているホームページ制作会社への依頼はメリット、デメリットを考えて依頼をすることが重要となります。しかし、現在特化することは非常に大切なので、業界特化の波は今後も続くことは間違いありません。

福岡の特定サイトに特化しているホームページ制作会社

特定サイトに特化しているホームページ制作会社

先ほどは特定業界でしたが次は、特定サイトになります。

企業ホームページに精通しているホームページ制作会社、ポータルサイトを得意としているホームページ制作会社、オウンドメディアの制作を強みとしている制作会社など、業種は問わないですが、運用するホームページの種類に特化しているホームページ制作会社も存在します。

福岡の特定サイトに特化しているホームページ会社に依頼するメリット

これも先ほど述べた通り、特定サイトに特化しているので成功事例やノウハウが非常に豊富であることがメリットとなります。

福岡の特定サイトに特化しているホームページ会社に依頼するデメリット

逆にデメリットとして、これも先ほど述べた通り、自社の情報やうまくいっていることを他社でも利用される可能性があります。(情報は厳守ですが、事例として出される場合がある)

その点ふまえて特定サイトに特化しているホームページ制作会社を選ぶ必要性がありそうですね。最近では特定業界からの業種、サイトまで絞っているホームページ制作会社も存在するのでその部分でも探してみるのも一つの手だと思います。

福岡の格安ホームページ制作会社

格安のホームページ制作会社

費用面をとにかく抑えて制作する会社となります。こちらもメリット、デメリットがあります。

福岡の格安ホームページ制作会社に依頼するメリット

とにかく費用を抑えることができ、サイト公開に関する期間(納期)も短縮できるでしょう。

福岡の格安ホームページ制作会社に依頼するデメリット

費用を抑えることができる反面自由度が低い、デザインや集客の機能が充実していないなどがあげられます。

とにかく自社のサイトを制作しておきたい会社が問題ありませんが、集客やデザイン性、今後の展開を考えている会社には適していません。そういった内容を考慮した上で、格安のホームページ制作を依頼することをお勧めします。

また、後から取得したドメインの譲渡ができないなどの問題も少なからずありますので、契約の際は確認が必要でしょう。

福岡のホームページ制作会社の強み別、メリット・デメリットのまとめ

ホームページ制作会社の強み別、メリット・デメリットのまとめ

以上、大きく6つの制作会社に分けて説明をしました。まずは自社がやりたいこと自社が求めていることを明確にしその内容にマッチしたホームページ制作会社を選ぶことが大切です。

また、現在ではフリーランスへの依頼やネットサービス上での依頼も多くなり依頼の幅が広くなっていますので自社が今後行っていきたい内容に合わせて制作会社を探していきましょう!

最後にホームページ制作後の運用について

ホームページを制作後は管理と運用が必要になってきます。そこで今回は、ホームページの管理と運用に関していったいどんな内容があるのかご説明していきたいと思います。

ホームページの管理・運用に関して

ホームページの管理には、ドメインやレンタルサーバー、メールアドレスなど、制作前の準備や環境まわりの管理が必要になってきます。一つでも知っておくと今後の管理や運用が非常に楽になりますので、ぜひ覚えておきましょう。

ホームページのドメイン管理

当サイトで説明すれば「simple-alpha.com」の部分ですね。更新年数が1年~複数年契約でき、更新を忘れてしますとドメインを別の人に取得されてしまう可能性があるので、ドメインの有効期限や更新作業は怠らずに管理が必要です。

次にレンタルサーバーに関しての管理

ホームページのレンタルサーバー管理

レンタルサーバーはホームページに掲載している情報を格納するデータ保管場所であり、こちらも契約更新や支払い手続きを忘れてしまうとホームページが止まってしまう可能性があるので、ドメインとセット管理するのが効率よく管理できるでしょう。

メールアドレスの管理

独自ドメインを取得すると「simple-alpha.com」のドメインを使ったメールアドレスの利用が可能となります。これらの設定はレンタルサーバーの管理画面上で行うことができ、ビジネス利用時には必要になってくるメールアドレスなので、こちらも合わせて管理が必要です。

設定には各種マニュアルがあり、メールの容量などもあるので、定期的なメンテナンスも必要になります。

以上簡単ですが、ホームページを管理する上で、必須ともいえる3つの項目になります。その他プログラムの管理や様々なデータとの連携などがありますが、今回はあくまでもホームページに限った話とさせていただきます。

次に、ホームページの運用に関して

ホームページを制作しただけでは、大きな成果や効果を得ることはできず、日々の更新や運用が必要になってきます。ホームページの運用にいったいどんな内容があり、どんな効果が表れるのか一つずつ確認していきましょう。

ホームページの運用に関して

ホームページの運用は大項目を並べると以下の項目になります。

  • コンテンツの作成・修正
  • デザインの変更・修正
  • プログラムの変更・修正
  • SEO対策(内部・外部・MEO対策なども含む)
  • アクセス分析

大きく分けてこの5項目になります。

コンテンツの作成

コンテンツの作成とは、ユーザーに伝えたい内容を盛り込んだ情報ページのことです。新着情報からよくある質問、ブログ記事、採用情報等コンテンツの作成は多岐にわたります。また作成後も文章の修正や見直しが必要となりホームページの運用で一番時間を伴う作業になります。

デザインの変更・修正

コンテンツの作成に伴う訴求導線の入り口作成や、一部ターゲット層の変更なども考慮したデザインの変更・修正です。TOPページの大きなリニューアルからバナーといわれる画像の修正まで多岐にわたる作業内容です。

プログラムの変更・修正

作成したコンテンツやデザインをいかに良く見せるか、見せる形にするかを考え、サイトの構造や構成に合わせてプログラムの変更や改修を行うことが必要です。また操作性でも時間短縮等も合わせたプログラムの変更・修正もある為、ホームページの運用では重要な内容になるでしょう。

SEO対策(内部・外部・MEO対策なども含む)

ホームページを制作した後に継続的に対策することになるSEO対策です。

最近ではGoogleMapを活用したMEO対策もある為、ホームページの存在を知ってもらうための唯一の手段となります。これらSEO対策はホームページ公開後は思ったような効果を発揮することができませんが、継続的に運用を行うことで費用をかけることなく、集客が可能となります。

継続は力なりではありませんが、SEO対策しかりMEO対策は日々の更新がしっかりと反映される運用方法です。

SEO対策の重要関連記事はこちら

関連記事

Google検索セントラルに掲載されているSEO対策に関する成功事例について 2015 年に自社のサイトを Google Search Consoleに登録 最初の1年間はクロールエラーのチェックに集中して問題を修正することで、Go[…]

関連記事

「自社サイトを新たな集客の窓口にしたい!」と考えている経営者向けの記事です。 Webを使った集客はいまや一般的な集客手法のひとつですが、いざ自社にも導入しようと調べてみると専門的なことが多く、理解するのも難しいですよね。 本記事では、自[…]

関連記事

SEO対策やMEO対策を行う上で検索を上位に上げる対策に合わせて「したらダメ事」「やったらダメな事」について解説していきたいと思います。ぜひ検索を上げる内容に照らし合わせて確認してみてください。 SEO対策・MEO対策でダメな施策について[…]

アクセス分析

ホームページを公開し、SEO対策等で集客に成功した場合はアクセスの分析をする必要があります。集客はできたが思ったような反応がない場合は、アクセス分析を行うことでホームページのダメな点が見えてきます。

この見えてきた点を上記4つの項目と合わせてPDCAすることができます。ただやみくもに変更や修正だけを行っても、うまくいく可能性が低い為しっかりとアクセス分析を行った上でホームページの運用を実施する必要があります。

ホームページの運用には様々な目的に応じた運用が必要となりますが、なぜホームページを制作したのか。なぜホームページを運用しなければいけないのかをしっかりと把握し理解する必要があります。

関連記事

今回は、Web担当者必見の記事になります! 自社のホームページを改善して見込み客の獲得やサービス利用者の増加を図っていきましょう! コンバージョン率とは、ホームページの最終目標であるコンバージョン(成約)の数を訪問数で割ったもので、[…]

SEO対策

ホームページの管理・運用のまとめ

ホームページの管理・運用のまとめ

もちろんその他にもGoogle広告・Yahoo広告・SNSの運用などホームページの運用と合わせて行わなければいけない項目が多数ありますが、まずは受け皿となるホームページをしっかり作り上げれることで、訪問者に対しての効果測定ができるようになります。

各種広告の運用は費用が伴う項目なのでいかに費用を抑え、費用対効果を上げていくかが大切になります。

現在ではホームページ制作に利用できる様々な補助金の情報がありますので、ぜひこの機会に活用されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金についてご説明いたします。こちらの補助金はホームページ単体では利用できませんが、ホームページと顧客管理や予約システムを組み合わせることで利用できる補助金になっています。 IT補助対象者 中小企[…]

サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金について
関連記事

生産性革命推進事業に係る補助金 生産性革命推進事業では、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金の3つの補助金をご用意しています。従来の補助金からの変更点として、通年での公募となるため、十分な準備をした上で、都合の良いタ[…]

ホームページ制作・SEO対策に関連する特集記事はこちら

関連記事

ホームページ制作前の市場調査からカテゴリ構成・ワイヤーフレーム作成までの流れをご紹介します。 まずはなぜ、ホームページを制作するのか?、リニューアルするのかを明確にするために以下のような目的などを記載するシートを用意する必要があります。 […]

ワイヤーフレーム
関連記事

生産性革命推進事業に係る補助金 生産性革命推進事業では、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金の3つの補助金をご用意しています。従来の補助金からの変更点として、通年での公募となるため、十分な準備をした上で、都合の良いタ[…]

関連記事

検索エンジンの最適化とは? 現在多くの方が、何かを探す際パソコンやスマートフォンから検索を行います。その検索する際Googleまたは、Yahoo!の検索窓に必要な情報を入力し、自分が求めている情報を探していくかと思います。 その、検索窓[…]

SEO対策 福岡
関連記事

Googleの公式が検索結果から除外されないための基本方針を述べているので解説します。 Googleの自社サイトもSEO対策に力を入れていることは前回ご説明しましたが、そこを更に基本方針と照らし合わせてSEO対策の基本を解説したいと思いま[…]

Google基本方針
ホームページ制作 福岡

ホームページ制作会社 福岡
株式会社Soelu
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10
天神パインクレスト719号
TEL:050-5480-1606

ホームページ制作・SEO対策・Web集客
お任せください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5480-1606
福岡・福岡市でホームページ制作・SEO対策・Web集客を行う株式会社Soeluです。弊社はただホームページを制作するだけではなく、ホームページ公開後の運用に力を入れています。それはSEO対策・MEO対策・デザイン・ユーザビリティの向上など常にユーザーの操作性や利便性を考えることにあります。成果や効果を実感できるホームページの制作は株式会社Soeluにお任せください。

メールでのお問い合わせ

集客・ホームページ制作の相談