Uber Eatsの申し込みが軒並み上昇している状況について福岡のSEO対策 | 情報

Uber Eatsの申し込みが軒並み上昇している状況について

新型コロナウィルスが猛威をふるい外出自粛の波が今も続いている状況で、店舗展開をする飲食店等は大きなダメージを受けている状態です。また、その状況下で軒並み申し込みが殺到している「Uber Eats」について話していきたいと思います。

Uber Eatsとは

Uber Eats (ウーバーイーツ、かつてはUberEATSと表記)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くオンラインフードデリバリー(英語版)サービスで2014年に始まりました。

スマホ一つで注文でき、いつもは並ばないと食べることができない飲食店の食事をデリバリーできるサービスです。自粛の中デリバリーやテイクアウトを行う店舗が多くなり今まで、Uber Eats (ウーバーイーツ)に登録していなかった店舗が登録をしている状況です。

現在申し込み殺到で登録待ち状態になっているようです。

Uber Eats (ウーバーイーツ)の検索数

Uber Eats (ウーバーイーツ)

まさに右上あがりの人気動向ですね。

今後も需要がますサービスなので、チェックしておく必要がありますね!

今では人気のUber Eatsもサービス当初は顧客獲得に苦戦

Uber Eatsは、配達料を支払う余裕のある既存 Uber タクシー配車サービスユーザーを取り込むつもりでしたが、オーストラリアの市場で成長するためには、より多くの顧客を獲得する必要がありました。

最初に、Uber Eats は静止画でのバナー広告の掲載を開始しましたが、更に顧客獲得に効果的なマーケティングを模索していました。

UberEATSUber Eatsも拡大の為、様々な模索を行っていたとあります。
スマートフォンの便利さに慣れた Uber Eats ユーザーは、近くのレストランを検索したりオンラインで注文したりするときに、関連性のある便利なコンテンツをが表示されることを期待します。実際、スマートフォンユーザーの 61 %が、自分のいる場所に合わせて情報をカスタマイズしてくれる携帯サイトやアプリから購入する可能性が高いと答えています。
Uber Eats が実施した次のキャンペーンでは、リアルタイムの売上データに基づいて関連性の高いクリエイティブを使用するダイナミックバナー広告を Google  マーケティング プラットフォーム を活用して制作しました。

行った広告施策として

動的バナー広告で状況に合わせた料理を案内

キャンペーンは 16 週間にわたり、5 段階に分ける

  • 広告クリエイティブの企画:Uber Eats は、アプリユーザーの居場所に基づいて最も人気のある地元のレストランや料理を紹介するバナー広告の配信を決めました
  • 売上とレストラン情報の更新:Uber では、売上とレストラン情報をタイムリーに広告配信に反映するため、4 時間ごとに最新の売上データとレストラン情報を自動的に更新する Google スプレッドシートで動的フィードを実行する方法の採用を決めました
  • バナー広告の製作:Uber Eats は フィードからのリアルタイムデータに基づいてクリエイティブが自動的に生成されるGoogle マーケティング プラットフォームの一部である スタジオを活用しました
  • キャンペーンのトラフィック:バナーは承認プロセスを経てキャンペーン マネージャーが管理・配信し、Uber Eats はキャンペーンをリアルタイムに効果測定及び最適化をすることができます。
  • 最適な配信先媒体選定の自動化:メディアチームはオーストラリアの 12 都市で効果的な広告配信先媒体選定を自動化するため、Google マーケティングプラットフォームのディスプレイ&ビデオ 360を使用しました。

キャンペーンの期間を決め、その状況を5段階に分けフェーズ毎で対策を行っていく方法です。

現在のGoogle広告でも配信時間、配信曜日や配信地域、端末、OSなど様々な設定可能であり、それらを駆使しより効果的な広告配信をすることができます。

Google マーケティング プラットフォームでクリック率を向上

関連性の高い広告配信により、Uber Eats はクリック率を実に 190 %も向上させることができました。さらに、動的バナーのおかげで、手作業で更新しなければならなかったクリエイティブ要素の数が 720 種類からわずか 4 種類に削減されました(手作業は 99 %減少)。これにより、広告クリエイティブ製作やテストに時間がさけるようになりました。

関連性の高い広告を配信することにより、クリック率を190%以上も向上することができたことを報告しています。

さらにクリック率が高い広告を配信することで、不要な広告を作成したり、変更したりすることがなくなったのでこれらも非常に大きな影響ではないでしょうか。

Uber Eatsの幹部は以下のように述べています。

Uber の APAC 幹部の David Sierra は、「私たちの目標は、近い将来 APAC のようなモバイル優先地域ですべての広告を真にパーソナライズすることです」と述べています。

今後もますますスマホの普及が加速し、飲食店にとっては助かるデリバリー・テイクアウトサービスが出てくることでしょう。

Google広告の配信も以下で説明したSEO対策同様小さなことを積み重ねることによって大きな反響がうまれることになります。

Google広告の配信と合わせてSEO対策の内容も一度読まれてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Googleの自社サイトもなんと!SEO対策に努めているということなので、簡単に紹介したいと思います。 Inside Google Marketing: SEO の効果を最大限に引き出すための 3 つのヒント Google も、企業[…]

ご要望をヒアリング

SEO対策・Web集客・Webサイト制作
のことならお任せください

メールでのお問い合わせ

無料相談を申し込む